台湾映画「海角七号」

 台湾で大ヒットした映画「海角七号」を先週の月曜に観に行ってきました。いつもは、三好のMOVIXに行くのですが、この映画はそんじょそこらの映画館では上映していないので、わざわざ伏見まで行ってきました。台湾映画って滅多に日本で上映されないのですが、この映画は個性的な登場人物達の中で日本人と台湾人との恋愛をモチーフにしているので今回上映されたのでしょうか、これからも台湾映画が日本で上映されるといいなぁ。最近なんか韓流に合わせてか中国や台湾から流れて来るもんを「華流」って言うらしいですね、相変わらずくだらねぇー。
 この映画の魅力は、やっぱり南国の台湾を満喫できる点ですね。撮影されている場所は台湾最南端の恒春(こうしゅん)、のんびりとした港町で台湾語が飛び交う暖かな良いところ。その雰囲気が味わえるだけで私は満足ですよ。毎日寒い日が続くと、暖かな場所に行きたいのです。

 と、こんな妄想して過ごしています。本当はそんなこと考えている余裕はないんです、来週から学期末試験でして。精神的な余裕が全く無いのですが、韓国の親友がせっかく仕事で来日してるんで、ぜひこの機会に会いたいなぁ。
[PR]