昨日の朝、台湾に帰ってまいりました。
帰国の前、ギターの相方と一緒に食事をしました。お互いの近況も然ることながら、やはり話題は最近賑わっている"お隣さん"になりました。言葉は悪いのですが、ある意味楽しみな時代になってきました。

 今回滞在中は主に、台湾から来た友人の観光案内したり、大学のゼミ旅行に参加したりしました。改めて再確認したのは「日本は素晴らしい国」だということです(政治のことを言っているのではありません)。素晴らしい文化と歴史、美しい自然と国土、これらは絶対に我々日本人の手で守らなければなりません。・・・と言っても、我々にできることは限られていますので、まずは・・・とにかく日本製品を買いましょう。

 最後に、私のために貴重な時間を割いてくれた友人らには本当に感謝しております。ありがとうございました。
[PR]
 日本での生活が馴染んできたのですが、もうすぐ台湾に戻らなければなりません。台湾の友人が帰国してからは、地元の旧友と飲んだり、ギター教室の先輩と食事したり、母校のゼミ旅行に参加したりと有意義な毎日を過ごしています。

 台湾は9月から新学期なのですが、その準備が少々忙しいです。台湾では購入が困難や書籍など探しているのですが、最近デジタル書籍に興味を持っています。これってプリントアウトとかできないんかな?パソコン以降こっち方面は無知なのもので・・・スマートフォンとか最初は興味無かったのですが、あったら便利なんだろうなぁとやっと思うようになりました。

 ゼミ旅行では大学時代の恩師にお会いしました。正直、この年になっても恩師の言葉が重すぎて・・・私に一言「大西は英語できんのか?今から始めろ」・・・・。来週から台湾で英語もやらなければなりません、中国語もまだまだ下手なのに泣きたいです。

 誰か私に英語を教えてください。
[PR]
 先週日本に帰ってまいりました。

 台湾人の友人にまず最初に聞かれたのが“パチンコ屋”、「あれ何?」って。セントレアからバスに乗って豊田市に帰るとわかるのですが、至るところにパチンコ屋やその看板が目に入ります。

 正直、街の景観をあれだけ損なうものはない。未成年禁止で、何であんなものが堂々と街中にあるわけ?それに日本って節電してるんじゃないの?こんな暑い毎日が続く中、節電するのは冷房じゃなくてパチンコでしょうが。反原発やる前に脱パチンコでしょう。
 しかもどう考えてもパチンコって違法でしょ。三点方式って(笑)、これ外国人に説明するのも馬鹿らしいけど、一応説明しました!案の定、友達呆れてたよ・・・。

 今回、豊田市と名古屋を案内したのですが、名古屋城!松平郷!ノリタケチャイナ!トヨタ自動車!味噌煮込み、味噌カツ、寿がきや!サツキとメイの家!、いや~さすがに「パチンコは名古屋発祥」とは口が裂けても言いたくない・・・。
[PR]
 久しぶりにexciteで日記を書きます。台湾で生活して一年超えました、もうすぐ一年半になるのかな。忙しい、というよりもやることを片付け続けている毎日が続いております、そして楽しく過ごしています。8月末に一時帰国が決まり、更に忙しくなりそうですが、気持ちはウキウキしています。両親や友人に会えること、久しぶりに日本食が食べられること、考えるだけで待ち遠しい。

最近はfacebookを使用される方が増えてきているようです、最近小中学校時代一緒だった友人から登録があってうれしく思っております。facebookを使ってる友人の皆様、私の名前で検索すると一発で出てきますのでよろしくお願いします。それとIDを作っただけで放置しておいたTwitterですが、最近利用方法を考えております。情報収集の面では役に立ちそうです。

 オリンピックが終わり、やっといつも通りの生活ができそうです。毎日寝不足で、昼と夜が逆転していました。外国でオリンピック観戦しているとやはり気持ちが違いますね、本当に勇気づけられる感じです。最後の最後で韓国がやってくれましたね、サッカー男子試合後の独島プラカードの件です。ニュースはネットでしか見ていませんのでわかりませんが、日本の民法でもちゃんと報道されたのかな?
[PR]
 【プノンペン=共同】昨年10月に国籍を取得したカンボジアでロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれたタレントの猫ひろし(本名滝崎邦明)さん(34)について、国際陸上競技連盟が参加資格を満たしていないと判断し、同国陸連に通達したことが8日、分かった。カンボジア側は決定を受け入れる意向で、猫さんの五輪出場は消えた。

 国籍変更選手の参加資格について、国際陸連は過去に国際競技会で代表経験がない選手についても新たな規定をことしから導入。国籍取得後1年が経過していない場合は(1)連続した1年の居住実績(2)国際陸連理事会による特例承認―のいずれかが必要になった。

 国際陸連の照会に対し、カンボジア側は猫さんが「2009年からカンボジアに住み、ビジネスをしている」などと主張したが受け入れられなかった。特例の申請も認められず、7日付の文書で「国際競技会にカンボジア代表で出場できるのはことし10月以降」との最終判断を下された。

 カンボジア・オリンピック委員会のワット・チョムラーン専務理事は「これ以上は抵抗しない。早急に人選をし、別の選手を派遣する」と述べた。

~引用終了~

前の日記の続きなのですが、猫ひろしの出場資格がついに取り消しになりました。オリンピックに出場してネタを披露すると言われていたのですが、この結果もこれはこれでおいしいネタなのか?芸人として本人がどう思っているかはわかりませんが、今後彼がどのような行動を取るのか楽しみです。そしてこの際、国籍について少し勉強させてもらおうと思っています。台湾に来た当初は、登録やら手続きやらでいつもパスポートを持ち歩いていたのですが、あらためて見ると我が国のパスポート、朱色に菊の御紋、なんとふつくしいのだろうか・・・。

c0073288_2471831.jpg

[PR]
 猫ひろしがカンボジア国籍を取得してオリンピックに出場するって話は、以前から聞いていました。ネット上ではボロクソに叩かれていますね。実際、日本ではどうなんでしょうか。韓流の時のようにマスゴミが総出で応援煽ってるのかなっと思っていたのですが、反対の声もちらほらあるようです。私は猫ひろしの一件に関し嫌悪感を感じています。

 日本でも卓球やサッカー、大相撲なんかでも外国人の帰化ってありますよね。日本国籍を取るためには、日本語が話せるとか生活基盤がどうとかそれなりの厳しい基準があるらしいのですが、今回の猫ひろしはカンボジア国籍を金で買ったというわけだそうです。そりゃ、違法じゃないんだろうけど・・・ね。

 帰化と言えば、特にサッカーかな。ラモスや三都主、闘莉王なんか見ていても日本人として生きていく覚悟が感じられるのですが、猫ひろしにはそれが全く無いですね。カンボジアに身を置くこともカンボジア語を覚えることもせず、オリンピック後は完全に日本で芸人として生きていくそうです。しかも、スタートとゴールの時に一発ギャグをやると公言しているのですが、こんなの誰が応援するんだよ。この一連の出来事、元々はホリエモンの提案で始まった「企画」らしいのですが誰か止めるやつはいなかったのか。

 以前何かの番組で、日本に帰化した中国人(張景子?)が「(中国国籍よりも)海外渡航が便利なので日本国籍を取っただけです、私は日本人ではありません」とテレビで堂々と発言したのを思い出しまた。私も海外に身をおく者として今回国籍について考えるきっかけになってよかったです。
[PR]
 写真が趣味の父が桜の写真を送ってくれました。桜を見ると春を感じるのは日本人の習性でしょうか。台湾に住んでいるとなかなかお目にかかれないもので、特に私の住んでいる高雄市は一年が夏と冬だけで春と秋がほとんどありません。冬と言っても、日本の秋くらいの天気なんですけどね。
春なんだけど、なんだか心機一転とはいきそうもないのですが、がんばるぞ!あー、今日もくそあついよーー。

実家近くの桜並木です。
c0073288_746044.jpg


豊田高専正門前の桜並木です。
c0073288_7464158.jpg


水源町のしだれ桜
c0073288_747118.jpg


岡崎市奥山田のしだれ桜
c0073288_7473692.jpg

[PR]
歌手で俳優の安岡力也さんが8日午前6時、都内の病院で、心不全のため死去したことが分かった。64歳だった。

06年から難病のギラン・バレー症候群を発症して以来、闘病生活を続けていた。
関係者によれば、葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会を行う予定という。
安岡さんは元「シャープ・ホークス」のボーカルとして1966年、歌手デビュー。
80年代にはフジテレビ系バラエティー番組「オレたちひょうきん族」に「ホタテマン」として出演し、人気を集めた。

デイリースポーツ 4月8日(日)9時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120408-00000025-dal-ent


 歌手の安岡さんは「ホタテマン」くらいしかわからないのですが、数々のバラエティ番組にご出演されてましたよね。私個人としては映画「ブラックレイン」の安岡さんがとても印象に残っています。久しぶりに見たいなぁ。
強面でドスの効いた声、外見は昔イメージのや○ざそのものなのですが、実はやさしくて奥さんには頭が上がらない一面もあったとか・・ここ数年はずっと闘病生活されていたのですね。ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
 台湾に住んでいればいろいろ奇怪な物を目にするもので、先ほどマクドナルドで18~20歳くらいの男女6人組が物凄い大声で叫んだり、男が平気で女子トイレに入ったりしていました。私も呆れながら「いくら日本でもここまで酷くないよなぁ・・」と心で思っていたのですが、今youtubeである映像を見て愕然としました。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=omg5edz6kIo#!


これ・・・東京ですよね。救急車がサイレンを鳴らしているのにも関わらず、通行人が平然と横断歩道を渡っているのです。怒りを通り越して呆れてしまいます。私も過去救急車に乗った身なので、人事とは思えません。これは酷い、酷すぎる。
[PR]
 私の大好きな映画の中の一つに「猿の惑星」という名作があるのですが、このDVDのデザインを考えた奴は頭おかしいだろ・・・・いくら有名な映画だからって、ここまで凄い初見殺しは初めて見た。

c0073288_16162242.jpg

[PR]