<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

~以下引用~

 国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」は20日、東京・渋谷の街頭で、裁判員裁判で死刑判決という結論を「出せる」か「出せない」か、通行人に投票してもらった。その結果「出せる」が110人で「出せない」の97人を上回った。「分からない」は33人だった。

 団体メンバーが午後1時から約3時間、JR渋谷駅前で「死刑判決を出せますか?」と記されたボードに「出せる」は赤、「出せない」は青、「分からない」は緑のシールを張ってもらった。

 死刑か無期懲役かの判断を裁判員に迫る裁判が今後、相次ぐことが予想されるとして「あらためて死刑制度の是非について考えてもらいたい」と企画した。

 「出せる」を選んだ東京都の男性会社員(54)は「多くの人の命を奪うような事件を起こしたなら命をもって償うべきだ」。「出せない」とした川崎市の女子大学生(23)は「冤罪事件をニュースで見ているので死刑はためらう」と話した。

共同通信
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022001000484.html
~引用終了~

 そもそも裁判員に死刑、もしくは刑期が妥当かどうかを判断する権利はありませんので、この人権団体がやってるアンケートは無意味なのですがあえてそれに乗っかってみます。私なら間違いなく「出せる」に一票ですね。私のような虫も殺せないくらいのやさ男でも2歳の息子をゴミ箱にぶち込んで窒息死させるような殺人、凶悪な少年犯罪、政治犯罪などには躊躇無く出せますよ。だいたいその息子を窒息死させた例だって懲役11年ですよ、短すぎるでしょうが。そりゃ自分の判決で人一人死刑になるのだから、判断に悩み苦しむこともあるでしょう、しかし凶悪犯罪者がこの世で同じ空気を吸って生きながらえていることの方がそれ以上に苦しい。
[PR]
 今更私が説明する必要もありませんが、あのスノーボードの国母選手のことです。同じ日本代表の中には彼とは違って国費なんてほとんどもらえずに、自費でトレーニング、渡航、宿泊などを賄った選手もいるんじゃないかな。様々な境遇を経ての日本代表の面々、その代表の一人として“絶対にやっちゃいけないこと”をしてしまったと思いますね。驚いたのは擁護する人もいろいろといるようで、まぁたいしたメンツじゃないのですけど。例えば「周りが何でもっと早く注意しなかったんだ?」などなどいろいろとあってもいいとは思いますが、さすがに擁護するのは間違ってるでしょう。
 国母選手は日本期待のホープということでして、なんか最初は亀○兄弟と同じ臭いがしたのですが、いち早くそれを払拭していただきますようお願いします。日本がんばれ~!
[PR]
 昨晩、やばかったです。1時頃に床に就いたのですがなかなか寝付けなかったのでふとんの中で本を読んでいたのですが、だんだん吐き気がして体が熱くなり頭が痛くなってきました。そのうち息苦しくて両肩が女幽霊をおんぶしているようにだるくなり、結局寝たのか寝てないのかわからず朝6時頃に起きたら熱が37度8分ありました。今まで牡蠣にあたったことは無いのですが、最初は食虫毒かと思いました。しかし下痢や嘔吐はありません、うーん、風邪かなぁ。頭痛薬を飲んで結局今日は夜仕事に行くまでずっと寝ていました。牡蠣の食中毒だったら、こんなもんじゃ済まないらしいですね、ネットで調べたら怖くなってきましたよ。生牡蠣で当たる人って結構多いらしい、ポン酢や日本酒も牡蠣に対する殺菌効果は全然望めないと。熱も少し下がり食欲も出てきたんで、風呂入ってお酒飲んで寝ます。
[PR]
 本日は旧正月ということで、1人で勝手にめでたい気分になっています。旧正月というと、中国や韓国、台湾などでは1月1日よりむしろこちらの方がハッピーニューイヤーなのでございます。日本も明治初頭までは旧暦を採用していたのですが、西欧化に伴い新暦に変えたんですね。さきほど台湾の友人にmsnの音声チャットで中国語を習っていたのですが、0時近くになると後ろで爆竹が鳴るのが聞こえて感動しました、いや~なんか良かったなぁ。
 私はというと、すっかり夜更かししております。至極の美酒「空」を開封し、つまみは生牡蠣に大根下ろしをたっぷり乗せてポン酢をぶっかける、これがちょっと粋な男の晩酌ってやつでしょう。今年は偶然バレンタインと旧正月が一緒の日になったんですが、別に自棄を起こして牡蠣をぐりぐり剥いていたのではありませんぜ。
日本がんばれー!日の丸を背負った戦士達、最高に美しいですね。

c0073288_342153.jpg

[PR]
 明日はバレンタインデーですね。完全な義理なので、前もってちらほらもらいました。おかげで14日は家で引き篭もってるんだろうな。普段チョコレートって好んで食べないのですが、この時期のプレゼント用チョコレートはおいしく作られているので、お酒のおつまみに合うような合わないような。ビールよりも日本酒に合いそうですね。以前は、「バレンタインデーなんてお菓子屋が作った馬鹿げた戦略」なんて考えていましたが、各メーカーがここぞとばかりに競い合って商品開発したり売上を伸ばそうとすることは別に悪くないんじゃないと思うようになりました。マスメディアが仕組んだ世論先導や芸能人のタイアップとか見ていて本当に鬱陶しいですが、本当に良い物が正当に公平に評価される世の中になればいいなぁ。
 芸能人と言えば、彼らは絶対にファンからもらったバレンタインチョコは食べないようですね。よく考えれば当たり前でして、何が入っているかわからない物を口にするなんて命に関わることです。だからもらったチョコレートは保管するのも危険、第三者にあげるのも危険、だからすべて焼却するとか。
[PR]
~サーチナより引用~

  人気声優の釘宮理恵が30日に台湾・台北で行われた国際ブックフェアにゲストとして登場、現地のファンから猛烈な歓迎を受けた。その模様を伝えた現地メディアの動画がユーチューブ(YouTube)に掲載され、その熱狂ぶりが話題になっている。

  釘宮理恵は1998年より声優として活動、少し鼻にかかった高い声を駆使し、『灼眼のシャナ』シリーズのヒロイン・シャナ役をはじめ、少女役を中心に数多くのアニメに出演している。「ツンデレの女王」とも呼ばれており、台湾や大陸などでも人気を集めている。

  「KMRE_sign_CTV」というタイトルのニュース動画によれば、イベントが行われた会場にはあふれんばかりのファンが詰めかけ、釘宮の登場時には一時騒然となり、興奮のあまり失神するファンもいたようだ。中には20日以上も待ってイベントのために行列を作るファンも登場した。釘宮が中国語であいさつしたり、アニメのワンシーンを再現したりするたびに、会場から大きな歓声があがった。その後握手会が行われ、ある男性は「握手した手袋は家宝にする」と興奮気味に話している様子が映されている。

  台湾の「オタク」の熱狂ぶりについて、台湾や日本から数多くコメントが寄せられている。「なんだこの日本で見た光景は」「みんなどことなく秋葉っぽい」「ヲタに国境なし」「台湾人となら仲良くできそうな気がする」など、日本と同様に盛り上がる様子に親近感を覚えるユーザーもいれば、「これはひどい」「秩序がなく他の出版社の営業に影響する。恥ずかしい」「日本のオタクも大概だがパーテーションによじ登る奴はいない」「『釘宮病』患者ではなく、暴徒」とたしなめる意見もあった。その一方で、「これだけの騒ぎでもサイン会を台無しにする輩がいないのは素晴らしいことだ」という意見もあり、熱心と見るか、無秩序と見るかはユーザーによってとらえ方が異なっている。

  コメントに政治問題を持ち出すユーザーに対し「そういうこと言うなよ」とたしなめるなど、非常に友好的、好意的な雰囲気になっており、この分野に関して日台友好が深まったようである。なお、同ブックフェアには漫画家・楳図かずお氏もゲストとして登場していた。(編集担当:柳川俊之)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0205&f=it_0205_007.shtml

~引用終了~

台湾のNEWSを見てたら声優の釘宮理恵が台湾で大人気というのがあったので、どうぞ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Eqz7PNj2Aa4&feature=related

ちょっと台湾のオタクと言いますか、何か雰囲気が日本のに近いものを感じますね。以前、ニコニコ動画でユーザーの面々が台湾の大学生らとの交流を見たことがありますが、台湾でのオタク文化は健在なんだと再認識しました。なんかぶっ倒れている方もいるようですが、大盛況で何より。にわかオタクの私としてはうれしい気持ちになります。僕的にはもう一方のゲスト楳図かずお先生の方が見たかったのですが、そちらの映像はyoutubeには無いようです。
[PR]
~サーチナ(中華系ニュース)からの引用~

 1月下旬、吉林省長春市で9歳の女の子が男児を出産したことがわかり、衝撃が走っている。城市晩報が伝えた。

  報道によると、1月25日晩、女の子は妊娠八カ月の状態で長春市のある病院に運ばれ、その二日後に帝王切開で2750グラムの男児を出産した。現在は母子ともに健康だという。

  9歳の女の子を妊娠させたのは誰なのだろうか。現時点では明らかになっていないが、女の子の家族は警察に事件として届け出ていることから、近いうちに判明するだろう。

  中国の弁護士の話によると、中国では14歳以下の女性への性的接触はいかなる場合においても強姦罪が成り立つため、犯人には厳しい処罰が下ると見られている。

  女の子が妊娠に至った具体的な事由などは明らかになっていないが、この女の子は同年齢の子どもたちに比べると早熟気味であったという。それでも医学的に見た場合、9歳の女の子が妊娠するという例は極めて稀(まれ)だという。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0203&f=national_0203_014.shtml

~引用終了~

 女児が早期に初潮を迎えることは稀にあるらしいのですが、9歳で出産とは凄いですね。これ妊娠して腹が膨らんでいく時点で家族や周りは気が付かなかったのだろうか。私の気になる?部分ですが、帝王切開といっても母体への負担はかなり大きいでしょうし、下手したら危ないんじゃないの?その危険性をもっと訴えるべきだと思うけどね。
 それに中国って14歳以下の性交が認められてないんだね、加害者の男にどんな処罰が下るんだろうか。日本は18歳以下だっけ?有って無いようなものだろうけど。そういえば日本でも「○○才の母」ってドラマがありました、もちろん見てないです。
[PR]