<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

とりあえず下記の記事を読んでください。

~記事全文~

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも=猪飼順 /東京

 鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が検出されたと話題の某国製だったが、炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。

 子どものころ、野菜を洗っていて「虫がいる」と大騒ぎして怒られたことを思い出した。行商に来る農家から買っていた野菜は、虫食い跡は当たり前。菜っ葉類を洗うと、必ずといっていいほど、元気な虫に遭遇したものだ。慣れてしまえば、「虫がつくほどおいしい」と思えてきた。

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。

毎日新聞 2005年11月19日

~終了~

 記事上部にある“某国製”とはキムチの本場「韓国」の事である。この寄生虫卵入りキムチは韓国ではかなり問題になった(韓国では安価の中国産キムチの輸入増加が深刻なのだが、その中国産キムチに寄生虫の卵が発見された。その矢先、自国のキムチにも寄生虫の卵が発見されたのである。)のだが、果たしてどれだけの日本人がこの問題を知っているのであろうか?日本の食料品売場に置かれているキムチは韓国製がほとんどである。韓国の報道によると韓国キムチ業者502社のうち16社の製品から寄生虫卵が発見された。

 そもそもこの問題の本質は寄生虫が身体に及ぼす効果云々ではなく、キムチ業者の衛生面に対するずさんさである。この記者は事実を知らないのか知りつつ隠蔽してるのかわからないが、発見された卵には犬猫の回虫も含まれており野良犬などの糞が混入したのだと考えられているのだ、韓国でも不衛生さの一点が問題であり日本への輸出キムチにもすでに卵は見つかっている。以前、雪印の時はマスコミ総出であれだけ叩きまくったくせに相手が変われば「感染したらラッキー!」だと・・・。 

 韓国でおいしいキムチを食べた以来キムチ大好きになったのであるがこの事件は本当に残念・・・あ、僕は韓国で寄生虫卵が発見された業者をリストアップしてもらってるし、在日の友人から独自のルートでおいしい本場キムチを手に入れてるもんね。後で風呂から出たら食べよっと。
[PR]
 今日は祝日で仕事が休みでした。昼にカレーを食べながらTVをつけましたら、ちょうどテレ朝のお昼番組「ワイドスクランブル」で在日朝鮮人の特集だったのでそのまま見てました。
朝鮮半島特集ではおなじみの山本晋也(以下監督)のコーナーで在日三世(帰化済み)で元プロレスラー前田日明(まえだ あきら)さんのインタビューでした。以前WOWOWで前田さんの試合をよく見てました、今日久しぶりに見ましたら葉巻くわえて貫禄ありましたね。「在日コリアンの叫び」というテレ朝らしいコーナーでしたが面白かった部分を紹介します。

前田:「好きな女の子の家にあいさつに行った時、うちにはそういう者はいらないと言われたので、家をぶち壊して帰ってきました」←単なる素行不良でしょう、そりゃいらないって言われるわ。

前田:「(自分のおばあさんが)優秀な人を見たらみんな在日だと、カールルイスも在日だと言っていた。」「山本晋也監督も在日だって噂がありますよ。」

 そういえば韓国人(在日じゃなくて)の友人が「北野武は在日なんだよね」って言っていたのを思い出します。韓国では才能があり世界で有名になった日本人を在日と決め付ける風潮があるようです、そして堂々と新聞でもテレビでも放送するくらい。有名なのはサッカーの中田英寿選手は在日三世だと記事を載せた新聞社が中田選手本人からの抗議で「ただの噂でした」と訂正文を掲載しました。日本人でも韓国人でも様々な分野で活躍している人はいるでしょう、そしてその功績はまず第一に本人の努力だと思いますけどね。血縁とか民族性とかあんまり関係無いでしょ。
 僕の知っている有名人だと「力道山」」「大山倍達」が筆頭かな。テレ朝の主旨「在日=差別」これに一貫していますが、在日の友人が周りにいれば分かる事ですがこれは「逆差別」です。監督が何度も何度も「~では差別や偏見で大変だったでしょう?」と聞いていたので前田さんがぶち切れるんじゃないかと冷や冷やして見てましたが、上手にかわしていました。最後の前田さんの「監督が在日と噂」のくだりは皮肉にも聞こえましたが。
(ちなみに監督は優秀だからとかじゃなくて一連の偏った取材や発言等々で「在日認定」されているのです。)
[PR]
 最近、熱燗に凝っていましてお猪口(ちょこ)と徳利にもこだわっています。去年まで二合の徳利を使っていたのですがしばらくすると冷めてしまうので、絵柄が違う一合の徳利を二つ併用しています。
 熱燗用のお酒は買っていませんので好きな銘柄の冷酒を熱燗にしたりしますが、中には絶対に熱燗に合わないものがあります(蓬莱泉「空」とかね)。やっぱり辛口の冷酒が一番熱燗に合うのかな、辛さが増しますので体が温まります。まぁ基本的に冷酒は熱燗には向いていないとのことですが、これから研究していきます。
 コタツに入って熱燗をちびちびなんて理想ですが、我が家にはコタツが存在しませんので、ギター弾いてお風呂入って寝る前にネットを見ながら熱燗をちびちびと楽しんでいます。
[PR]
 12/4(日)、午後1時開演 三好サンアートでのクラシックギターミニコンサートに独奏と空耳ファドで出演させてもらいます。空耳ファドでの曲目は前回ブログで書いたものと同じ、独奏は「ベネズエラワルツ1番」ともう一曲考えています。12月は近代ギターの父フランシスコ・タレガ先生の命日ですので、それにちなんだ曲を演奏したいと思っています、「アラビア風奇想曲」にしようかなって思っています。

 今日は用事で名古屋駅近辺に行ったのですがクリスマスの飾り付け一色ですね。そろそろ庭を電飾で飾り付けする家もちらほら出てくるんじゃないかな、あれを見ると「シザーハンズ」という映画を思い出します。日本の家庭の飾り付けを見る度に思うのは良くも悪くも「日本人」だなぁ~ですね、色彩のセンスのある家庭と無い家庭では雲泥の差ですからね。

 日本のクリスマスなんて信仰心の無いただのお祭り騒ぎじゃん!と思いますが日本人の宗教に対する考え方、今に始まったことじゃありません。日本という国家が形成された10世紀くらいにいろいろな宗教を受け入れていく考え方が日本人に定着したようです。ちなみに仏教が伝わる前の神に対する信仰(神道の祖)と仏教信仰の合わさったものを「神仏習合」と言います、もちろんキリスト教が入るのはもっと後ですが浸透するのは早かったようです。仏教伝来当時は仏と神と同一に考えていたものだと思いますが、日本人はいろいろな意味で“柔軟な考え方”をしていたのでしょう。クリスマスに初詣、バレンタインとイベント大好きの良いとこ取りで困ったときには神頼みと少々虫が良すぎますが、これは日本の文化ですね。
[PR]
 久しぶりに熱燗で一杯やっています、寒くなったらこれに限りますね。先週は急遽、静岡県富士まで行く仕事などがありまして、かなりしんどかったです。一週間ぶりにブログ更新します。

 僕や相方が所属する豊田音楽家協会主催のクリスマスコンサートのちらしを作りました、先程やっと完成しました。今回のコンサートは声楽の大谷先生と僕の担当で、僕がちらしや演奏プログラムなどを作ります。
 12月18日の日曜日、午後2時開演(午後1時30分会場)で場所は豊田市コンサートホール 9F小ホールです。僕は相方の伴奏で出演します、あまり練習の時間が無いので少々あせっていますが最善の演奏ができるようにがんばります。ソプラノ、アンサンブル、ピアノ独奏と僕達以外の出演者は豪華メンバーなので是非お時間がありましたら足をお運びください。お待ちしています。

 ギターで右手のタッチを変える努力をしていますので、今の演奏能力では独奏はちょっと辛いです。タッチが確実になれば良いのですが・・・時間がかかりそう。相方の伴奏で音楽家協会のコンサートに出るのは二年ぶりです、確か第一回目のクリスマスコンサートに参加しました。今回の選曲は全部相方がしましたが安定したアルペジオやリズムの刻み、難しいコードチェンジなど伴奏としての課題がかなりあります。まずはとにかく確実に演奏できるようにテンポを落として練習します。
[PR]
 北野武ともう一人のタケシ、二人が複雑に交差する現実と虚構の世界・・・と勝手に想像して行きましたが、劇場でこれほどまでつまらない映画を観たのは久しぶりです。
 武とタケシが遭遇するまではどんな展開になるのかな~と楽しみだったのですが、そこからのストーリーが滅茶苦茶で意味不明。映画も終盤になるにつれて北野武が拳銃をぶっ放すシーンが永遠と続くなど見るに耐えれなかった、そして清純なイメージだった京野ことみがいきなり裸で喘ぐシーンが挿入されるなど驚かされましたが、ただ驚いただけ。訳分からん映画の訳分からんシーンで京野が裸体を晒してしまったことが逆に痛々しく感じました。午前0時、見終わった後の重々しい劇場内の雰囲気が忘れられません。

 映画監督として数々の賞を取っているのだが過大評価されているのが彼自身の足枷になっているように感じます。今回の映画のようなパズルっぽくわざと難解にしたような作品って昔からけっこうあるんだよなぁ。「座頭市」が良かっただけに残念、「天才たけしの元気が出るテレビ」の頃のたけしは確かに天才だったのに。
[PR]
 インターネットで密かにブームらしいのですが、「もすかう」というのをご存知でしょうか?
言葉だけは多く見かけたのですが、ようやく今日それがわかりました。ノリノリの良い曲なのでご紹介します。

最初に聴いた時にどこかで聴いたことある曲だなぁっと思っていましたが、あの西ドイツ伝説のグループ「ジンギスカン」の曲でした。前にグループ名と同じ曲名「ジンギスカン(♪ジン・ジン・ジンギスカーンという有名な曲)」が聴きたくてジンギスカンのベストアルバムを買ったのですが、それにこの曲が入っていました。正確には邦題「めざせモスクワ」なのですが、おそらくモスクワオリンピックを目指せ!ということだと思います。

映像と空耳アワーのような日本語詞付きのフラッシュアニメがインターネットに流れていますので、よかったら聴いてみてください。いくつかパターンがあるみたいです。

もすかう1

もすかう2(1よりちょっと短いけどアニメは逸品)

めざせモスクワ(ジンギスカン本人達の動画です)
[PR]
 あの誰もが知っているアニメ映画「火垂るの墓」の日テレドラマ版が放送されました。
主役が松嶋奈々子???映画では悪印象の親戚おばさん役の松嶋奈々子が主役ということでどんな内容かなと興味津々で見ていましたが、一言で言えばつまらないドラマでした。

 まずアニメの印象が強すぎるためにどうしても比較をしてしまう。普通は清太と節子の兄妹を主役にするのが筋ですが、視聴率のためか主役に名の売れた女優を持ってきたのがまずかった。原作を大幅に改変することもできないのでおかげで全体的に物凄く半端な内容になってしまったと思います。

 細かいことを言えばきりが無いのですが最後の松嶋の台詞「死んだら負け」、これはひどい。確かに母親として自分の子供達を守るために非情にもなることはその時代背景から考えても理解できるが、戦時の過酷な状況で子供ながら精一杯生きた節子や清太は?命をかけて戦って死んだ松嶋の夫や清太・節子の父、そして日本の兵隊は負けなのでしょうか?この松嶋は95歳まで生きた自分は勝ちだと言いたいのかな・・・そしてそのようなスタンスで松嶋を描いているにもかかわらず(このままではいけないと思ったの如く)最後の最後で取ってつけたような美化の仕方で感動も半減しました。この3時間もあるドラマ、不満ながらも最後まで見ることができたのは二人の子役の演技です。二人の演技にぐっときて泣きそうになるのですが、リアリティの無い演出で現実に引き戻されるの繰り返しでした。

 最後にこの手のドラマのほとんどが反戦!反戦!反戦!主張のしすぎでしらけてしまう。ドラマの最中にも、当時の日本政府や軍人などを現在の価値観のみで批判するような台詞はあったのですが、最後のエンドロールで清太・節子と現在のイラクの子供達を交互に流したのには完全に冷めてしまった。

 このドラマの唯一評価できる点は二人の子役の演技のみです。そしてフィクションだとしても、ろくに時代考証もせず戦後の価値観で偏った思想を前面に出したドラマを作ってしまう、やっぱり歴史を正しく知ることは大事だと改めて感じさせられました。戦争は何としてでも回避せねばならない、僕を含めて多くの日本人はそう思っているでしょうがそれは思想からでは無く歴史から学ばなければならないと。
[PR]