<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 前々から韓国関連のHP、ブログ、掲示板などで沸々と話題になっていた本、「マンガ嫌韓流」を買いました。“マスコミが取り上げる韓流とは異なるもう一つの韓流”をマンガで分かり易く説明しています。今年は日韓友好年らしいのですが、この本が大手出版社に拒否し続けられたのも納得できます。

 マンガという手法で誰もが読める内容になっています、中学生くらいなら充分理解できる内容です。ある程度、日韓問題の知識があれば内容に疑問視することは無いと思いますが、知識が無いと驚きの連続だと思います。初めて読む方は戸惑うと思いますが、この本を読んでマスメディアが隠蔽しているもう一つの韓国を理解できる思います。「在日」や「文化捏造」に関してはもう少し詳しく説明した方が良いと思いましたが、マンガとしてはかなりの濃い内容になっています。元寇~秀吉の朝鮮出兵、歴史的背景による韓国人と日本人の性格や考え方の違い、などもテーマにすると面白いかも知れません。ぜひとも続編を希望します。
[PR]
 先週土曜日大阪で行われた「野崎光一ギターリサイタル」に参加させてもらい無事に終わりました。曲は「ベネズエラワルツNo.2」と「アラビア風奇想曲」の2曲を演奏しました。次回の豊田音楽家協会サマーコンサートの予行練習になったので良かったのですが僕としてはまだ一度も披露したことの無い「リュートのための小品」が弾きたかったです、こちらは大阪の出演者と曲が被ってしまったので削りました。コンサート終了後は久しぶりに打ち上げに参加しました、野崎先生や出演者の方々とお酒を飲みながらの交流ができるのはいつも楽しいです。
 大阪のコンサートは年に3回くらい出演させてもらっています。次回は11月でコンクールが終わり次第、新しい曲の練習を開始しますが何とか間に合いそうです。僕がギターを続けていて一番楽しい時は、新しく曲を覚えている時です。ちなみに一番辛い時は、曲のイメージが全然わかない時です、たまにあるんですよ・・。
[PR]
相方から音楽バトン(ミュージカルバトン)というものを渡されたのですが、理解するのに苦労しました。ブログ上、誰とも交流を持っていないので初めて知りましたよ、内容は下記のような感じです。
■ 概要
海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。


では、質問に答えていきます。

・Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
僕はIPODを持っていますので、音楽データをPCで管理しています。現在10Gくらいです。

・Song playing right now (今聞いている曲)
フィリピン人が歌う「愛国の花」です。チャンネル桜のネット映像を見ています。

・The last CD I bought (最後に買ったCD)
思い出せない・・・最近、CD買ってないんです。まりちゃんズのベストかな?

・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
①バッハのシャコンヌ/アンドレス・セゴビア
僕が一番好きなギタリスト、アンドレス・セゴビアの最強の演奏です、誰も真似できません。確か録音は1940年より前だったような気がしますがノリノリのセゴビア、使ってるギターの音色も凄い!

②オモナ(어머나)/チャン・ユンジョン
韓国で買ってきたCDの中の一枚です、曲の雰囲気が日本で言う演歌そのものなのですがあまり癖も無く、歌手の曲調と歌声が愛らしくて好きかな。比較的簡単な韓国語詞なので聞いていて意味がわかるのが有り難いです。MVがありましたのでアドレス貼っておきます。
http://www.yanggugun.or.kr/ibbs/viewbody.php?code=yanggu006&number=113

③ショパンのノクターンop.9 no.2/ルイゼ・ワルカー
昨年、女流ギタリスト、ルイゼ・ワルカーのCDを手に入れることができて幸せです。甘くてせつない歌いまわしと中盤からの超絶テクニックのコントラストが素晴らしいの一言につきます。セゴビアやワルカーの時代のギタリストはその後のギター界では批判の対象になったらしいのですが全く持って意味不明。好みの問題なのかな、僕は現在のクラシックギタリストのCDはほとんど持っていません。

④65年ベンチャーズ・ライブ・イン・ジャパンの曲
僕の大好きなバンド、ベンチャーズの最高にエキサイティングでパワフルなのがこの時代では無いでしょうか。エレキのロールスロイスと呼ばれた(誰が呼んだのかな?寺内たけし?)名器モズライトの音がたまりません。借金して買っちゃったよ・・・

⑤踊り子/村下孝蔵
「初恋」「ゆうこ」、数々の名曲の中でも一番好きです、いつの時代になっても色あせない曲だと思います。やさしい歌声でギターの名手でもあった村下孝蔵さんが若くして亡くなられたことが本当に残念でなりません。

・Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
ごめんなさい、孤独なブログなので相方以外知り合いがいません。見つかり次第まわします。
[PR]
 最終予選のテープ審査が6月末で締め切りだったので思ったより早く結果がわかりました。心待ちにしていたコンクールの本選出場の結果の通知がありました、後は余計なことは一切考えず、自分のコンディションと気持ちを整えて本選に望みたいと思います。本選ですが場所は東京都三鷹市、朝10時から演奏順の抽選がありますので前日からビジネスホテルで一泊する予定です。おそらく本選出場者は60人くらいだと思います、まず課題曲を全員が弾き終えると決勝進出者、だいたい6名くらいを選びます。決勝は5分以上8分未満の自由曲の演奏になります。8月下旬に行われますので本選まで残り一ヶ月と余日になりましたが毎日順調に練習ができればと願っています。夏休みもすべてギターの練習に費やす事になると思いますのでコンクールが終わったら有給休暇を取ってのんびりしようかな、それも楽しみの一つです。
[PR]
 プロフィールで自称韓国通と謳っているくらいなので僕は韓国語を勉強しているのですが最近は韓国語を耳にしていなかったせいか、今日、韓国人の友人と電話で会話をしたのですがかなり危なかったです、簡単なフレーズすら聞き直すくらいまでに落ちてしまった・・・ということで韓国語を勉強しなおそうと思っています。日本語べらべらの友人(この前、横浜に来た友人)曰く「好きな歌のように何度も何度も聞いて、意味がわからなくても口ずさむようになるのが近道だよ」とアドバイスをもらったことを思い出しました。まずは韓国に行った時に買ったCDを聴こうかな、韓国に行くと必ずCDを買ってきますよ。

 そういえば韓国語(朝鮮語)を「ハングル語」と呼ぶ人を時々見ますが、これは大きな間違いです。N○Kという放送局が勝手に作った言葉でしかありません、韓国でこんな読み方をして恥をかいた人は多いみたいです。ハングルとは文字のことを言います、日本語をひらがな語とは言いませんよね。ちなみにハングル文字とも言いません、ハングル=偉大な文字という意味ですので、文字を指す場合はそのままハングルでOKです。
[PR]
 今日は仕事が4時で終わったので家に帰ってゆっくりしていました。いつも仕事後はいろいろな用事、スタジオ練習やアルバイトで外出することが多いです、教科書展示会も終了しましたのでコンサートに集中できそうです。そういえばギター弦のストックが無くなったので今からインターネットで購入します、東京にはクラシックギター専門店がありますのでいつもそちらのサイトを利用していますが最近名古屋にも専門店ができたらしいので暇な時間にそちらにも足を運んでみようと思っています、HPサイトはあるのかな?
 7月の出演ですが24日は僕の先生の先生の定期リサイタルが大阪で、31日は僕の所属する豊田音楽家協会のサマーコンサートが豊田市コンサート小ホールであります。それに向けて練習をしていますが仕事が終わって帰宅すると疲れてギターを抱えたまま寝てしまうので、最近は朝の練習にウェイトを置くようにしています。
[PR]
 昨日ですが名古屋でのレッスンが終わった後、その足で犬山に行きました。歌手のお姉さんと相方と合流して夕方まで練習していました。僕達、初の歌の伴奏ということでどうなるかわかりませんでしたが、初回の合わせから思ったより上手く行った感じがします。本番の9/24までに再び合わせ練習をしますが気合を入れてがんばりたいと思います。とにかく新たな試みだったのでこれから練っていく必要があります、練習はとても楽しかったです。
相方と電車で帰ってきた後に居酒屋にちょっと飲みに行きました。数ヶ月もの間、相方とは飲む機会が無かったので久しぶりに良いミューティングになりました。梅雨がしばらく続き、今年はとても暑い夏が到来するでしょう、ですのでちょくちょく「ミューティング」をしようかと思っています。
[PR]