<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 芸能ニュース
元巨人クロマティ公開予定映画に怒 [ 06月29日 17時05分 ]
夕刊フジ

 7月に公開予定の映画「魁!!クロマティ高校THE★MOVIE」のタイトルに勝手に名前が使われているなどとして、プロ野球元巨人のウォーレン・クロマティさんが29日、配給会社のメディア・スーツ(東京)に対し、公開の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請することが分かった。
 代理人によると、クロマティさんは現在米国在住で、独立リーグ「サムライベアーズ」の監督を務めている。「青少年のために活動しているのに、自分の名前が不良高校の名前に使われており、憤りを感じる」などと話しているという。
 「魁!!クロマティ高校」は野中英次さんの人気漫画で、7月23日に映画公開が予定されている。
 クロマティさんは、米国・大リーグのエクスポズで活躍したあと、昭和59年に外野手として、巨人に入団。平成元年にはMVPを獲得するなど、2年に退団するまで、通算打率3割2分1厘、171本塁打を記録するなど、主軸打者として活躍した。
 メディア・スーツの話 「担当者がおらずコメントできない」




 僕は新聞を読むよりもインターネットで時事ニュースなどを閲覧することが多いです。お気に入りの新聞社や報道関連のホームページを確認するだけですが、多くの情報を素早く簡単に収集することができます。で、今日思わず笑ってしまったニュースがこれです。
僕ら世代のプロ野球外国人選手と言えば「クロマティ」ではないでしょうか・・・お尻を突き出した独特のフォームでかっとばすイメージがあります、黒人なだけに名前も印象的です。
 連載中の人気マンガの映画化ですがなぜもっと早く抗議しなかったのでしょうか?それよりも自分と同じ名前がマンガのタイトルになるだけで外国人は怒るのでしょうか?クロマティさんは激怒らしいのですが、僕は絶対に焚きつけた日本人がいると思います。このマンガは読んだことがありますが不良漫画ではありませんし、むしろ痛快なギャグマンガですよ。クロマティさんにも読んでいただきたいです。
[PR]
愛知県では6/11~7/5まで教科書展示会が各地域が行われています。平成17年は教科書採択の年です、4年ごとに採択が行われています。平成18年度から使用される中学生歴史教科書をいろいろ読んできましたのでちょこっと書きたいと思います。

数日にかけて足を運び、近現代史を中心にざっと全教科書を読みました。全体的な感想はまず今年からの教科書は非常に読みやすくなっています、サイズがB5判になり写真や挿絵が増えてカラフルになっています。そして気になったことですが例えばほとんどの教科書が、「孫文」 これの読み方がスンウェイと上に読み仮名をふり、下に「そんぶん」と日本の読み仮名をふっているのです。上にそんぶんと書いてあったのは日本文教出版と扶桑社の二社です。毛沢東や安重根などもそうですが、上に中国、朝鮮読みの仮名をふる理由がわかりませんでした。
日露戦争についての簡単な内容です、こんな感じです。(手元に教科書が無いので記憶間違いありましたら、ごめんなさい)

清水書院
(日露戦争の記述)P166下段~167:大した記述なし

大阪書院
P158中段~:幸徳秋水、内村鑑三など反戦論者を強調。与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」の詩。

扶桑社
P166~168:開戦前の両軍の戦力配置、陸海の兵力比較表、日露戦争日本勝利の評価として孫文やネルーらの言葉を引用。
P169:ページ丸ごと日本海海戦のコラム

帝国書院
P172~173中段:開戦論(東京帝国大学の七博士)と非戦論(内村鑑三)の両方を掲載。重税に苦しむ国民の絵。

日本文教出版
P138~139:主戦論(開戦論)の東京帝国大学七博士の説明図、大塚楠緒子・与謝野晶子の記述。

教育出版
P130~131:大した記述はないが文中に東郷平八郎の名前あり。与謝野晶子の写真。


教科書を比較してとても面白いことは執筆者の視点が教科書の内容を左右することです、教科書が違えば登場人物まで違ってくるのです。またちょこちょこ書いていきますね。
[PR]
 先週土曜日に足助で行われた「たんころりん」ですが、無事に終了しました。僕自身、足助の町並みは初めてでして、素晴らしい風情を楽しみんがら演奏できたことを実感しています、演奏した場所は足助随一の老舗旅館玉田屋さんの玄関でした。床も天井も木造なので音響効果が抜群、ギターの音がよく響いていました。お客さんからも好評で、生の音を楽しんでいただけたようです。
 さてさて今回の演奏でしたが、とにかく電気を一切使わずの場所なのでロウソク一本、譜面を見るのがやっとでした。ですから左手手元がほとんど見えなかったので難儀しましたが、とても良い経験になりました。フレットとポジションマークに夜光塗料を塗ってみようかと検討しています(笑)。

 20分くらいのステージで計4回演奏することができました、多くの方々に聴きに来ていただきました。我々のような楽器編成、そしてファドという音楽を初めて聴かれた方が多いと思いますが演奏後にいろいろな感想を聞かせていただきました、大変うれしく思います。何と言っても我々の音を夕暮れの町並みに添えることができてうれしいです。玉田屋さんには全面的に協力していただきこの場を借りて感謝の意を述べさせていただきたいと思います。
[PR]
 日曜日に発表会が終わりました。さすがに慣れていない場所のせいか、いつになく緊張していました。一曲目が終わる頃には少しは自分のペースで演奏ができましたが最初の曲の聴かせどころで上手にいかなかったのはくやしいです、自分はまだまだとつくづく感じさせられました。練習方法もいろいろと考慮しなければいけませんね、どうしても緊張すると手に力が入ってしまうので脱力でギターを弾くことを心がけています。弦を押さえる手はポジション移動する時にふっと力を抜くことが大切だと先生に教わったことを思い出しました、油断してあまり意識してこなかったことが悔しいです。

 次のコンサートは6/18土曜日に足助町で行われる「たんころりん」というイベントに参加します。空耳ファドで参加しますので相方とのデュオをメインに演奏します、一曲くらい僕がギターソロを弾く予定です。たんころりんとは竹を編んで作った灯篭のことで町中にこのたんころりんを灯し情緒を味わおうといったイベントです。僕は今回、初めてお伺いしますがとても楽しみにしています。演奏が終わった後、少しは町を散歩できればいいなぁと思っています。
[PR]
 午前中は車で片道20分くらいの所にある施設のスタジオでギターの練習をしていました。時々利用させてもらうのですが、自宅ばかりで練習するよりも誰もいない防音密室で過ごすのは良い気分転換になります。スタジオ内に長椅子がありますのでのんびり休憩もできます、公共施設なので録音機材やアンプなどは常備されていませんのでバンドの利用者は少ないと思います。次回は平日の夜に予約をしました、コンクールテープ審査の録音するので機材一式を持ち込みます、新しく録音用マイクとマイクスタンドを購入しましたので試すのが楽しみです。

 明日はギター教室の発表会です、午前中にリハーサルもありますので早めに行かなければいけません。緊張した中でも自分自身の演奏ができればと思っています、がんばりますね!
[PR]