<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちょうど100年前の1905年(明治38年)5月27日は日露戦争の勝敗を決した日本海海戦大勝利の時であります。正確には日本海海戦は二日間に渡りましたのでこの日は日本海海戦開戦となります。さてさて、今回はどうして僕が日露戦争に多大な興味を示しているのかをちょこっと書きたいと思います。
僕は日本史が好きなのは前にも書きましたが、日本史上これを成し遂げたのは奇跡としか言い様が無い出来事が二つあり、それは明治維新と日露戦争の勝利だと思っています。日露戦争の勝利は世界にも多大な影響を与えました。世界史上初めて有色人種が白人種に勝利した戦争であり、日本の勝利を境に当時白人国家に植民地とされていたアジア、アフリカなどの独立運動が高まり、その動きは単に有色人種間だけではなく、ロシアの圧政に苦しむフィンランドやポーランド、トルコなどへも飛び火し、ポーランドやフィンランドなどの独立、トルコ革命にも影響しました。そして日本は黄色人種初の世界の列強入りを果たしたのです。結果、西欧列強諸国及びアメリカは日本を敵視するようになり(ちなみにアメリカの対日敵視政策をオレンジ計画と言います)後々の大東亜戦争に繋がるわけですが。

最近はドラマや映画の影響か幕末~明治維新の歴史が大好きな方が多いですね、ちなみに日本の英雄(ヒーロー)は?という質問には「坂本竜馬」を挙げる人が多数を占めるようです。日本の英雄、ヒーロー!・・・実際すぐに頭に浮かばないと思いますが、僕にとって東郷平八郎は少なくても五指の中に入ります。個人的には聖徳太子、戦国武将だったら真田幸村、日露戦争の秋山真之、乃木希典、失礼ながら昭和天皇も尊敬しています。
[PR]
 先日、金曜日にレッスンに行きました。僕自身も大きな課題の一つで悩んでおり、先生にも指摘されたことなんですが親指の使い方が下手なんです。クラシックギターは右手小指以外の指で弦を弾くのですが、親指の使い方は他の三本の指とは全く違うのです、手の構造を考えると当たり前ですけどね。主に親指は6、5、4弦などのベース(低音)を引きますのでメロディーとのバランスやタイミングが重要になってきます、それと親指を安定させることによって手首全体のバランスを安定させることができます。親指のアポヤンド(弾弦後、隣の弦に指を乗せる方法)と同時に薬指で高音弦を弾くことが思ったより難しく、簡単なアルペジオで練習していますがなかなか上手くいきません。この練習を深く丁寧に持続させることはもちろんですが、手首の使い方やより良いフォームの保持、親指や他の指の爪の長さや角度も同時に研究しなければいけません。コンサート前なのであせらず少しずつ上達すればと・・・・そう考えたいのですが結構気になります。
[PR]
 連休からちょっと空耳ファドの練習をお休みしていましたが練習を再開しました。空耳ファドとは中学の同級生であるポルトガルギター奏者の西村氏と僕との二人組みユニットです。ポルトガルの民族音楽であるファドを中心に演奏しています、曲のレパートリーはまだまだ少ないですが演奏の機会に恵まれ、いろいろな所で演奏しています。次回のコンサートは僕個人の独奏と空耳ファドの二重奏で出演しますので大変ですが、どちらも成功するようにがんばります。
 今日も夜に一時間くらい二人で練習をしたのですが曲の流れや全体の雰囲気は固まってきたと思います、次回の練習は土曜日の午前中ですが僕の課題はリズムのキープとベース音の工夫です。プロの演奏のCDを借りましたので、じっくり研究してかっこいいフレーズをいろいろ使わせていただこうと思っています。良い演奏を聴いて良いフレーズをもらう!そしてそれを身に付けるためには何事も練習ですね。
[PR]
 年に一度ですが僕がレッスンを受けている教室の発表会が来月初旬にあります。レッスンは先生とマンツーマンなので、他の生徒さんとの交流や演奏を聴くことは発表会でしかできません。コンクール前に自分の腕試しができるので良い機会なのですが、如何せん曲の仕上がりが良くありません・・・練習不足もありますが僕はリズム感が無いのでコンクールの減点の対象になりやすいのです。メトロノームを使って練習をしていますが、なかなか一定のリズムが身に付くまでに至りません。少しでも日常で音楽に触れ、そして練習あるのみですね。

 さきほど中京テレビで「爆笑問題のススメ」という番組を見ていました、温泉に行く前だったのでテレビを消そうとしたのですがゲストが前防衛大臣の石破茂さんでしたので思わず見てしまいました。爆笑問題の太田さんが石破さんと国防に関して熱く討論をしていましたが、太田さんの無知と楽観主義には唖然としました、太田さんの主張を簡単に要約しますと「軍事力を増強する前に、それを必要としないような外交を」「(今だに解決しない拉致問題)北朝鮮が日本を嫌う理由は両国の歴史にある」「中国の反日デモに対して、そこまで日本が嫌われる理由を考えなければいけない」・・こんな感じでした。
[PR]
 今から豊田市の「スオミの湯」に行ってきます。自宅の風呂と台所が改装工事中なので、二週間近くお風呂に入ることもできないしお湯を使うこともできません。僕は夜行性なのでスオミの湯は深夜3時くらいまで営業しているので便利に利用させてもらっています、いろいろな温泉の情報を探しています、早速明日は日進市にある「森の泉」に行ってきます。そういえば韓国に旅行した時も毎日温泉に行きました。日本統治時代、温泉好きの日本人ということで韓国の至る所に温泉を掘ったものが、今でもいくつか残っているみたいです。余程の温泉じゃない限り効果を肌で体感するのはある程度通わないと難しいと思いますが、お風呂として考えるのなら気分転換になるのでお勧めです。

 先週日曜日ですが、「新しい歴史教科書を作る会」の先生方の講演会が名古屋で行われました。前にも書きましたが僕は歴史、特に日本史が好きで趣味程度ですがいろいろな本を読んで勉強しています。今回の講演は主に韓国、中国との歴史認識問題、歴史を学ぶことがいかに大切か、歴史認識と経済、日本人の学力・モラル低下の原因などなど大変興味深い内容でした。今年は教科書採択の年ということで、この「新しい歴史教科書」は内外問わずニュースでも度々取り上げられています。前回の採択の年、自分の好きな近現代史を中心にいろいろな教科書を読み比べてみましたが僕は扶桑社の新しい歴史・公民教科書を一番に支持しています。6月中旬くらいに教職員会館で各社の教科書展示がありますので楽しみです。今回も書店で市販されると思います。
[PR]
 久々にブログを書きます、マイペースに書いているので皆様ご無沙汰しておりました。ゴールデンウィークが終わり、すっかり休みぼけをしてしまっています。連休最終日、5/8は名古屋の先生のコンサートでした、レッスンとは違う演奏家として演奏を聴いて改めて自分の未熟さを知る良い機会になりました。6月は第一週と二週の日曜日にコンサート、末にはコンクールの予選があるので気合を入れてギターに専念しようと思います。相方との練習もそろそろ再開してコンサートに備えないと・・・我々が所属している豊田音楽家協会の行事などもありますのでね。
 ゴールデンウィークは急遽5/6と7は横浜にいました。六日は韓国人の友人に会いに、七日は横須賀の記念艦三笠に行きました。近いうちに順次書いていきますね!
 
[PR]