<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 僕は事故を知ったのは仕事を終えて事務所に帰った時でした。同僚に教えてもらいすぐにニュースを見ましたら、失礼な言い方ですがまるで映画のワンシーンのような大惨事の光景が真っ先に目に入り唖然となりました。時間ごとに死亡者が増えていく現状、ただただこれ以上死亡者がでないように祈るばかりです。救出作業が続いているようなのでまだ車内に取り残されている方々がいち早く救出されることを願っています。そしてお亡くなりになられた方へ謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]
 父が長年勤めたトヨタ自動車を定年退職しました。そのお祝いに家族で外で夕食を食べました。父は高校卒業後、単身北海道から愛知のトヨタ自動車に就職をしました、当時日本の工業は高度成長真っ只中で全国津々浦々多くの若者がこの豊田の地に集まりました。そして本日、勤続41年の幕を閉じたのです。

 一方僕は学校も中退、予備校に通うが入試前にバイク事故、その後もアルバイトや派遣社員を転々としながらのらりくらりの生活を続け、ようやく定職につき現在に至っております。子は親の鏡という言葉がありますが僕には全然当てはまらない、親と全く正反対の生き方をしてしまっています。こんな僕でも同じ会社で41年勤めることは大変なことだと想像できます、仕事や人間関係でいろいな悩みや苦しみもあったと思います、今まで何度も辞めようと思ったこともあったでしょうしその度に家族のために思いとどまったのだと思います。一つのことを最後までやり遂げる、自分の好きなことだとしてもそれを長い年月、毎日淡々とこなさなければいけない・・・容易なようでなんて難しいことでしょう。父には僕が忘れかけていた日本人としての気概や魂を感じます、言葉にするのは恥ずかしいのですが「お疲れ様でした、僕は父を尊敬しております」と思っています。
[PR]
夏に行われるクラシックギターコンクールの本選自由曲の曲を決めなければと言うことで一週間くらい考えてました。本選でも課題曲がありますので、自由曲を弾くとなるのは最終審査なのです。はっきり言ってこの時期に選曲しているのはかなり遅いです、普通みんな一年前から決めて練習をするのですから・・・。
 自由曲には自分の得意な曲を選ぶのは筋なのですが、僕には得意な曲もなければレパートリーも少ない、そして審査をしてもらうための曲を選ぶとなるとけっこう限られてきます。曲の長さ、雰囲気、奏法、技巧などから考えてコンクールの場にふさわしい曲を先生と話し合って決めます、短い曲と長い曲の組み合わせにします。5~8分以内ということなどで6分半を目安に曲を考えます、調弦や深呼吸の時間も入りますので。

 この一週間、鼻炎か風邪か花粉症かわからない状態に陥っていたのでまともにギターを弾いていませんでした、空耳ファドの練習もバタバタしちゃって相方に迷惑をかけております。ゴールデンウィークは何の予定も無いので腰を据えてギターの練習ができればと思っています。
[PR]
 雨が降りそうな天気でしたが桜満開の中、約1時間半の慰霊祭が行われました。僕の住む地には、名古屋海軍航空隊の伊保原訓練基地がありました。先の戦争ではまだ空軍がありません、海軍航空隊、陸軍航空隊といったわけです。印象に残ったのは海軍士官白制服を着ていらした女性歌手の方が参列されていまして、式の最後に二曲歌われました。やっぱりプロの唄は純粋に一味違うと思いました、情念というか何というか・・・ただただ聴きほれてしまいました。特攻隊と言えば鹿児島の知覧や国分基地が有名ですが、この豊田市に基地があったとほとんどの方々が知らないと思いましたのでご紹介します。特攻隊については、またゆっくりと書きたいことがありますので。
石碑がありますので簡単にご紹介します。

碑文
此の地は昭和十七年四月一日開隊昭和二十年九月二日解散せる名古屋海軍航空隊の址な 昭和二十年春 当地に於て神風特別攻撃隊草薙隊編成され 四月五日 十二日の両日各二十機の九九式艦上爆撃機は鹿児島県国分基地に進出 菊水一号二号四号作戦に参加 同月六日十二日の三次にわたり沖縄本島西方泊地の米艦船に突入 未帰還二十八機戦死五十六 彼らが眠る沖縄の地が祖国復帰の日を迎うるにあたり有志の協力を得テ豊田市在住の元海軍軍人本碑を建立し草薙隊ノ忠烈を永く後世に伝へんとするもの也

(下手でごめんなさい、僕なりに簡単な説明を)
 戦況が悪化していくさなか、ついに伊保原訓練基地にも特攻隊編成命令が下されました。この部隊は熱田神宮の草薙の剣にちなんで“草薙隊”と命名されました。昭和20年3月末には沖縄防衛戦が始まり、この基地からも神風特別攻撃隊草薙隊が菊水作戦(←沖縄奪還のための壮烈な特攻作戦です)に参加出撃しました。4月6日に高橋中尉の1番機を先頭に20機が九州国分基地を発進し体当たり攻撃を敢行。4月12日にも20機が飛び立ちました。28機(56名)の方々が散華されました。
[PR]
 毎度のことながら先月は韓国旅行に行ってきました、今日は韓国について少し書きますね。
僕が行った場所はプサン(釜山)という所です。韓国旅行の主な行き先はソウル、釜山、済州島の三つに分けられます。釜山という場所、日本に例えるならソウルが東京なら釜山は大阪でしょうか。韓国旅行=ソウルのイメージがありますが、釜山は福岡からの連絡船があるので九州の方々からすると釜山は近くて安く行ける一番の外国なのです。
 今回の旅行のまず初日に僕は韓服(ハンボック)を買いました、韓服とは朝鮮民族の伝統衣装です。伝統衣装と言えばみなさんはチマ・チョゴリはご存知ですよね?チマ・チョゴリは女性用、僕の買ったのは男性用のバジ・チョゴリと言います。ちなみに韓国人は一般的にチマ・チョゴリと呼びません、総括して韓服(ハンボック)と呼びます。チマはスカート、バジはズボン、チョゴリは上着を意味します。
 婚礼・正装用と日常・部屋用などありますが僕は上下7000円くらいの部屋着を買いました、現在風にアレンジされてシンプルで機能的、質感は大変肌触りの良いものです。 
↓僕の買ったものではありませんが、こんな感じです。
http://www.koreatips.net/japanese/culture/hanbok_present_man.html
 
ちなみに韓国のことをよく「お隣の国」と言いますが日本のお隣の国は韓国だけというわけではありません、中国、ロシア、北朝鮮、フィリピンもお隣の国です。
[PR]
by b0024 | 2005-04-05 23:18