カテゴリ:時事/最近の気になること( 188 )

 日本に帰国してようやく一週間が経ちました。帰国後すぐにギターの恩師のお墓参りに行き、地元にある神風特攻隊慰霊碑を参拝して来ました。
 
 まだ半年間台湾に住んだだけですが、目に写るごく自然の光景が新鮮に感じますね。交通ルールを従順に守る人々、きめ細やかで親切な店員、ゴミが少ない清潔な街並みなどなど。台湾で大地震の影響や政治の腐敗ぶりを毎日見てとても不安に感じていましたが、日本もまだまだ捨てたものじゃない、と少しだけ安心しました。
 
 売国奴政権のおかげで日本の体内に潜んでいた様々な“膿”を目にすることができました、台湾に住んでいても自然と伝わってくるくらいです。売国メディアのフ○テレビさんや売国企業のサ○トリーさんのこともネットや台湾メディアを通じて認識しております、もちろん今後も不買運動させていただきます、っつーか、早く潰れろよ。

 今回来日した一番の目的は居留VISAの取得です、先日大阪の台湾領事館(台湾とは国交がありませんので実際にはこんな名称ではありませんが)まで出向きました・・・しかし何でこんなに面倒なのだろうか、お願いだから名古屋に出張所を建てて欲しいです。台湾への再入国の準備でいろいろと忙しいのですが、限られた約二週間の日本生活を存分に満喫しようと思い、時間のある時は親の買い物に付き合ったり地元の友人と食事したりしています。ではでは。
[PR]
週末はいかがお過ごしでしょうか。私は久しぶりに朝からのんびりしています。外は相変わらず暑そうなので、午前中は部屋に閉じこもっていようと思います。ネットで日本や台湾のニュースをちょこちょこ確認していますが、やはり中国の新幹線事故は衝撃的でした、先の大地震でもそうですが“人の命”について深く考えさせられました。人命を軽視しているのは、今の日本政府も同じですけどね、被災地で「お客を出迎えるのが礼儀だろ、国は助けてやらんぞ」の政治家はどうなったのでしょうか。

8月初旬に日本から友達が遊びに来ることが決まり、部屋でガイドブックを見たりしています。私の住む高雄という場所ですが、台湾第二の都市でありながら下町情緒あふれる港町、せっかくの機会なのでいろいろと風靡な場所を案内したいなと思っています。私が台湾に来て感じたことは、良くも悪くも台湾は“外国”だということです。それは文化や風習の違いもさることながら、台湾人の習慣や考え方などにも大きく感じます。短い日数ですが、友人には台湾のそのような部分を感じさせてあげることができればと思っています。あ~久しぶりに旧友と再会するのが本当に楽しみです。

c0073288_845014.jpg

c0073288_8453558.jpg

c0073288_8461335.jpg

[PR]
 本日で春学期(約三ヶ月間)が終了します。毎日のように接してきたクラスメートも今後様々な理由で別れ別れになってしまうのでさみしいです。言語交換で知り合った高雄師範大学の友人も卒業して故郷に帰ってしまいます。
 三ヶ月間ですが台湾で生活をしていろいろな経験をしました、台湾の素晴らしさを知る反面、逆に日本の素晴らしさを実感することも多くありました。もちろん、楽しいことばかりではありませんが、忙しい毎日の中に“うわ~やっぱり外国だ・・・”を感じています。
 夏学期は5月末から開始になります。私の場合、VISA的に言えばまだまだ停留の身なので仕事を探すこともできませんが、今後問題無く「居留」へと切り替えれば医療保険などにも加入することもできます。これから本格的に台湾で生活をするためにはまず学生であり続けることが条件になりますが、これは金銭的に限界がありますので現在いろいろと手段を模索しております。
 よくわかりませんが、来月頭に大学でギターを弾くことになりました。受付のお姉さんから中国語で要望があったのですが、テ・キ・ト・ウに承諾してしまったので全然詳細がわかりません。後々聞いてみると大学の先生なども参加するようなレセプションらしいので、正直びびっております。
 それでは今後ともよろしくお願いします。
c0073288_6414711.jpg

c0073288_6341890.jpg

c0073288_6343935.jpg

[PR]
 しばらくご無沙汰している間に、日本でとんでもない地震が起こったりしました。私の部屋にはテレビがありませんし、大地震のことも伝聞で伝わっただけなので、規模に関しては次の日になるまで全くわかりませんでした。日本のニュースを見たときは、本当に胸が痛みました。現在、日本ではどのような状態になっているのでしょうか?原発はだんだんとおさまっているのでしょうか?
 
 私の方は、忙しいながら充実した毎日を過ごしています。台湾で生活を始めて一ヶ月半くらいになりますが、旅行時とは違い、日本人の立場から台湾の良い所も悪い所も見たりしました。やはりここは外国であることを改めて実感しています。そんなことも含めて私の日記では遠慮なく書きますので、今後ともよろしくお願いしますね。

もう春は訪れましたか?祖国にきれいな桜が咲きますように。
c0073288_321743.jpg

[PR]
東京で言えば秋葉原、名古屋で言えば大須の電気街みたいな感じでしょうか。高雄駅近く(私の住んでいる場所は台湾の高雄市です)の路地一体がパソコンやらデジカメやらのお店が密集しています。近いうちにスキャナ付プリンタを購入したいので値段をふたっと見に行ったのですが、さすがパソコン部品の世界的シェアを誇る台湾なだけあって、パソコン類はかなり安いです。最近日本でもacerやASUSと言った台湾メーカーのパソコンを目にすることが多くなったのですが、ライナップが豊富で断然日本より安いですね。ただデジカメは日本製に関して言えば、日本の方が遥かに安いです。私が10000円くらいで買ったソニーのデジカメでも、こっちでは15000円くらいでした。
c0073288_039055.jpg

c0073288_0401581.jpg


 まぁしばらくぶらぶらしてたのですが、DVD販売店があったので入ってみました。ちょうど中国語の練習のためにDVDが欲しかったのでいろいろと物色していたのですが、こち亀(中国語音声、中国語字幕)のがあったので購入しました。アニメのこち亀が1~104話まで入って日本円で約530円という驚異的な安さでした。

というか、何で烏龍派出所なんだよww

c0073288_0412185.jpg

c0073288_0422196.jpg

[PR]
昨日はおそらく私が大学に行く最後の日でした。
卒論に関する口頭諮問は一昨日前に終わりまして、昨日はゼミの飲み会(追いコンと呼ぶらしい)がありました。
卒業式に参加できない私にとって、同級生や恩師、後輩らと一緒に飲む機会もこれが最後でした。というか、自分の卒業を確認せずに台湾に行くのですが、を先生に報告したところその辺については何も言われなかったのでまぁ無事に卒業できるんだろうなと解釈しております。
大学4年間を振り返ると、良い経験もたくさんしましたがいろいろな失敗もしました。卒論が思うように書けなかったことが一番の悔いです。日本を離れる前なのにたくさんの課題を残してしまった気持ちでいます。
恩師と最後に握手した時「台湾でもがんばれ、また会おう」と言葉をかけてくれてとてもうれしかったです。この言葉を胸にがんばりたいと思います。

余談ですが、大学に向かって歩いている途中で以前授業が同じだった同級生と遭遇しました。これからの進路について尋ねると、なんとブラジルへポルトガル語留学するとのことです。そういえば以前、カポエイラや南米音楽をやってると言ってたかな。同じ海外組同士、連絡先を交換して別れました。性格がとても真面目な方だったので、きっと有意義な留学生活を過ごされると思います。
[PR]
 本日の茶道実習を最後に、大学4年間の授業がすべて終わりました。月並みなこと言いますが、四年間、本当にあっという間でした。特に茶道は入学当初から四年間続けさせていただいたので、他の授業よりも思い入れが強く、今はとても寂しい気持ちです。私は卒業式に参加できませんので、本当は今日デジカメを持っていって先生方や友人らと一緒に写真を撮りたかったのですが、そんなキャラでもないので止めておきました。

 四年前、大学入学が決まったころでしょうか、ある事情で大変お世話になったピアノの先生にお礼の一言も言えずに音信が途絶えてしまいました、今でも思い出すと後悔の気持ちが収まりません。一昨年前は中学校時代の友人を、去年はギターの恩師を亡くしてしまいました。今日のように授業後、茶道の先生方へご挨拶ができたことは一つの区切りとして大変有意義でした。節目というのは大切ですよね、また土曜日に大学へ行けばお会いすることができるかな、その日を楽しみにしております、がんばらなきゃという気持ちでございます。

 茶道に「一期一会」という言葉がありますが、これから出会う方々とは二度と会えないという気持ちで接しなければなりません。
[PR]
 とりあえず卒論提出しました。
 論文って書いてみないと難しさがわからないもんです・・・、自分の主張を論理的に字にするという行為は想像以上に難しかった。正直、自分が読み返しても素晴らしい出来とは言えない、終わった後の達成感も無く、ただどんよりとここ数日を過ごしています・・・。ああ、もっといい論文が書きたかった。生涯もう一度魯論文を書く機会があったら、リベンジしたいと思います。
[PR]
新年明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
去年は私の周りで本当にいろいろな事が起こった年でした。そして今年は春から私の生活が台湾に移ることになり、卒業論文やら渡台の準備やらで年末年始は何かと忙しく過ごしております。まぁ過去を振り返っても仕方が無いので、今年の抱負を簡単に書きたいと思います。自分自身に圧力をかけるためです。

学業:
まずは中国語の勉強を半年間みっちりと行います。しばらくは労働許可が下りないので、最初の半年間は無収入状態になってしまいますが、その間は中国語学習に集中したいと思います。生活に慣れるまで多少は時間がかかると思うので、しばらくは学校と住処の往復かな。次第に慣れて行ったら、行動範囲を広げ、私の好きな史料収集も始めたいと思っています。

ギター:
とりあえずの目標は台湾で演奏できる土壌を確立したいと思っています。台湾にもクラシックギター愛好家はいらっしゃるので、何かの形で彼らと交流ができたらと考えています。そして、まずはギター練習を一からやり直しします。形見分けで先生が使っていたカルカッシ練習曲の楽譜をいただいたので、それを最初から見直したいと思っています。そして相方といつでも一緒に演奏ができるように、いろいろな曲の伴奏にもチャレンジしたいです。

 私は内交的な性格なので、友達がすぐにできるかわかりませんが、少しでも台湾の方々と交流ができたらいいな。そして日本から来た友達を案内できるくらい台湾通になりたいです。夢ばかりを膨らましていると妄想になってしまうので、この辺で止めておきます。現実問題厳しいことは多々ありますが、とにかく今は前向きに・・・。

それでは皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
c0073288_16393.jpg

[PR]
~引用開始~

保安官処分で首相「しっかりした処分」
2010.12.22 22:36
 菅直人首相は22日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の一色正春海上保安官(43)が停職1年の懲戒処分(後に依願退職)になったことについて、「実際にそういう行為を行った人に対して、しっかりした一つの処分が行われたと受け止めている」と語った。首相官邸で記者団に答えた。
 また、馬淵澄夫国土交通相が給与の一部を自主返納することに関しては、「責任者として自らを律したのではないか」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101222/plc1012222236024-n1.htm
~引用終了~

“映像流出事件”まずこの書き方が間違ってる。映像は流出したんじゃなくて、一般国民に“公開”されたんだよ、一人の勇気ある日本国民によってね、言いかえれば「内部告発」だよ。
退職させられたこの国士に対して「しっかりした処分」とか言ってる馬鹿はどこの国の首相なんだ?じゃ、お前は何やったんだよ、国民に見せるべき犯罪証拠を包み隠し、挙句の果てには中国人犯罪者を無条件で釈放したんじゃないか。この保安官が退職なら、お前はどう考えても国家反逆罪で死刑だろ。
[PR]