カテゴリ:時事/最近の気になること( 188 )

 本日夕方から万博にも足を運んだので少し書きたいと思います。万博最終日ということで、来場者は予想通りの数でした。どこのパビリオンに行っても人ばかり、でも今日はじめて歩いたサツキとメイの家がある周遊コースは良かったです。人込みとは打って変わってこのコースはかなり空いて、自然の中を歩くことがこんなに気持ち良いものかと感じました。サツキとメイの家も離れた所から見えましたので満足です。その後、ふらふら歩いていましたら偶然マンモスの整理券を配っていましたので、最後にマンモスを見ることができました。考えてみると万博初日と最後に見ることができました、マンモスに始まりマンモスで終わった万博でした。総して個人的に思っていることもありますのでまた明日にでも書きます。
 
[PR]
 自民党圧勝でした、予想通りですね。票を集めた理由として郵政民営化が決め手にはなったのでしょうが、僕はやはり外交政策が他の政党より多少まともだった印象があります。個人的に応援している政治家は関西地区の民主党議員なのですがその方も当選されたようで安心しました。朝日新聞、TBSが火付け役になって中国や韓国なんかは日本の右傾化、独裁主義なんて言葉で早速批判していましたが、もはや選挙の風物詩です。
 そういえばライブドアの堀江貴文氏も出馬していましたが、「ホリエモン」と書いても票が入るらしいです、ちなみに亀井氏は「静ちゃん」でも・・・有権者を馬鹿にしているのか!とも思いましたが本名で書くことができない輩と僕の一票が同じだと思うとなんだかやるせない気分にもなります。世界で国民選挙が機能している国なんて本当に少ないです、多くの国は武力から政治が生まれます。僕達の一票はとてもとても重いものなのです。

 先週は韓国からのお客さんが来ていたので久しぶりに日韓の政治の話もしました、まぁあちらもあちらで大変みたいです・・・また後ほど書きます。
[PR]
 久々のブログになります、時事ネタってことで今日は選挙についてちょこっと書きますね。あまり僕の思想性が前面に出ない誰もが見れるブログを目指しているのでやわらかめに!
 僕は仕事の昼休みに期日前投票に行ってきました、今回の選挙のメインテーマである郵政民営化ですがその点では大いに改革して欲しいと思っています。となれば僕が投票した政党は決まってきますが。
 ただ僕が今回の選挙で注目していたことは「北朝鮮拉致問題」です、ネットでマニフェストを一通り読んだのですがどの政党も“具体的な処置案”が出されていなかったです、はっきり言って丸投げしたようです。北朝鮮から偽遺骨が送られてきてからも何も措置を取らなかった日本政府、何に怯えているのか経済制裁すら発動できないこの弱体ぶりは政党が変わるくらいじゃだめかな。同胞を何が何でも取り返すという気持ちがこの国には無いのでしょう、その点はアメリカが羨ましくも思えます。
 その他に関心のあることは「外国人参政権」「人権擁護法案」「憲法第9条」「靖国神社参拝問題」などなど。残念なことですが、今回の選挙で僕が応援する政党はどこもありません。ここの政党よりは“まだマシ”というレベルで選択しました。

 みなさんは今回の選挙をどのように見てるでしょうか?
[PR]
 前々から韓国関連のHP、ブログ、掲示板などで沸々と話題になっていた本、「マンガ嫌韓流」を買いました。“マスコミが取り上げる韓流とは異なるもう一つの韓流”をマンガで分かり易く説明しています。今年は日韓友好年らしいのですが、この本が大手出版社に拒否し続けられたのも納得できます。

 マンガという手法で誰もが読める内容になっています、中学生くらいなら充分理解できる内容です。ある程度、日韓問題の知識があれば内容に疑問視することは無いと思いますが、知識が無いと驚きの連続だと思います。初めて読む方は戸惑うと思いますが、この本を読んでマスメディアが隠蔽しているもう一つの韓国を理解できる思います。「在日」や「文化捏造」に関してはもう少し詳しく説明した方が良いと思いましたが、マンガとしてはかなりの濃い内容になっています。元寇~秀吉の朝鮮出兵、歴史的背景による韓国人と日本人の性格や考え方の違い、などもテーマにすると面白いかも知れません。ぜひとも続編を希望します。
[PR]
Excite エキサイト : 芸能ニュース
元巨人クロマティ公開予定映画に怒 [ 06月29日 17時05分 ]
夕刊フジ

 7月に公開予定の映画「魁!!クロマティ高校THE★MOVIE」のタイトルに勝手に名前が使われているなどとして、プロ野球元巨人のウォーレン・クロマティさんが29日、配給会社のメディア・スーツ(東京)に対し、公開の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請することが分かった。
 代理人によると、クロマティさんは現在米国在住で、独立リーグ「サムライベアーズ」の監督を務めている。「青少年のために活動しているのに、自分の名前が不良高校の名前に使われており、憤りを感じる」などと話しているという。
 「魁!!クロマティ高校」は野中英次さんの人気漫画で、7月23日に映画公開が予定されている。
 クロマティさんは、米国・大リーグのエクスポズで活躍したあと、昭和59年に外野手として、巨人に入団。平成元年にはMVPを獲得するなど、2年に退団するまで、通算打率3割2分1厘、171本塁打を記録するなど、主軸打者として活躍した。
 メディア・スーツの話 「担当者がおらずコメントできない」




 僕は新聞を読むよりもインターネットで時事ニュースなどを閲覧することが多いです。お気に入りの新聞社や報道関連のホームページを確認するだけですが、多くの情報を素早く簡単に収集することができます。で、今日思わず笑ってしまったニュースがこれです。
僕ら世代のプロ野球外国人選手と言えば「クロマティ」ではないでしょうか・・・お尻を突き出した独特のフォームでかっとばすイメージがあります、黒人なだけに名前も印象的です。
 連載中の人気マンガの映画化ですがなぜもっと早く抗議しなかったのでしょうか?それよりも自分と同じ名前がマンガのタイトルになるだけで外国人は怒るのでしょうか?クロマティさんは激怒らしいのですが、僕は絶対に焚きつけた日本人がいると思います。このマンガは読んだことがありますが不良漫画ではありませんし、むしろ痛快なギャグマンガですよ。クロマティさんにも読んでいただきたいです。
[PR]
ちょうど100年前の1905年(明治38年)5月27日は日露戦争の勝敗を決した日本海海戦大勝利の時であります。正確には日本海海戦は二日間に渡りましたのでこの日は日本海海戦開戦となります。さてさて、今回はどうして僕が日露戦争に多大な興味を示しているのかをちょこっと書きたいと思います。
僕は日本史が好きなのは前にも書きましたが、日本史上これを成し遂げたのは奇跡としか言い様が無い出来事が二つあり、それは明治維新と日露戦争の勝利だと思っています。日露戦争の勝利は世界にも多大な影響を与えました。世界史上初めて有色人種が白人種に勝利した戦争であり、日本の勝利を境に当時白人国家に植民地とされていたアジア、アフリカなどの独立運動が高まり、その動きは単に有色人種間だけではなく、ロシアの圧政に苦しむフィンランドやポーランド、トルコなどへも飛び火し、ポーランドやフィンランドなどの独立、トルコ革命にも影響しました。そして日本は黄色人種初の世界の列強入りを果たしたのです。結果、西欧列強諸国及びアメリカは日本を敵視するようになり(ちなみにアメリカの対日敵視政策をオレンジ計画と言います)後々の大東亜戦争に繋がるわけですが。

最近はドラマや映画の影響か幕末~明治維新の歴史が大好きな方が多いですね、ちなみに日本の英雄(ヒーロー)は?という質問には「坂本竜馬」を挙げる人が多数を占めるようです。日本の英雄、ヒーロー!・・・実際すぐに頭に浮かばないと思いますが、僕にとって東郷平八郎は少なくても五指の中に入ります。個人的には聖徳太子、戦国武将だったら真田幸村、日露戦争の秋山真之、乃木希典、失礼ながら昭和天皇も尊敬しています。
[PR]
 僕は事故を知ったのは仕事を終えて事務所に帰った時でした。同僚に教えてもらいすぐにニュースを見ましたら、失礼な言い方ですがまるで映画のワンシーンのような大惨事の光景が真っ先に目に入り唖然となりました。時間ごとに死亡者が増えていく現状、ただただこれ以上死亡者がでないように祈るばかりです。救出作業が続いているようなのでまだ車内に取り残されている方々がいち早く救出されることを願っています。そしてお亡くなりになられた方へ謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]
http://www.sanspo.com/sokuho/0323sokuho080.html
 24日に行われる愛知万博(愛・地球博)の開会式に、開催地の瀬戸市の市議で1人だけ招待されなかったとして、加藤徳太郎(かとう・とくたろう)同市議が23日までに、協会に理由の説明などを求める質問状を提出した。加藤市議は「動植物の生態系を崩す」として、2つの万博会場を結ぶゴンドラの建設に反対していた。
 同市議は質問状で「自らの意に沿わぬ者はすべて排除するのか」などと抗議。協会側は、加藤市議が24日に会場入り口で抗議活動をすると表明している点を挙げ、「祝いの式にふさわしくないので招待状の送付を見合わせた」としている。



子供じゃないんだから招待されないからってだだをこねたらいけません。24日に抗議活動すると表明されているのなら開会式に出れるわけが無いでしょうし、抗議活動をする人を呼ぶわけないでしょう。ここは大人らしく黙っていれば良かったと思います、だいたい開催反対しているだけでなく抗議活動してる人間に招待状を送ったら逆に失礼でしょう。
[PR]