高雄最後の夜。こんなときにデジカメの電池が切れやがった。

 今日で、高雄最後の夜です。今日は、貴重な経験をしたのですが、途中でデジカメの電池が切れてしまって、本当にくやしい思いをしました。三地門という台湾原住民の集落があるのですが、そこで僕は道に迷ってしまった。そんな時に限って、暗雲が立ち込めて雷が鳴り出して・・・雷の音に興奮した野犬軍団が僕を追いかけて来たんです、僕は慌てて走って逃げて、お寺に避難しました。そこには、英語が堪能なお坊さんがいました。そのお坊さんは車で僕を親切に案内してくれたですがデジカメの電池が切れやがった・・・・本当に残念。とにかくすごかった。僕が後部座席に乗っていたのですが、台湾原住民の村を徘徊中に原付スクーターが僕の乗っている車に後部側面から激突。、それでお坊さんは振り帰っただけで、何も無かったかのように去りました、こんなこと日常なのかな、後で見たらけっこう傷がついたのに。

 お昼くらいに、高雄を出発します、新幹線で台北へ。台北に到着するのは、だいたい14時頃かな、うーん、最後に何をしようかな・・・
[PR]