第30回 日本アカデミー賞

 ちょうどテレビでやってました。世界で最も権威が無いと言われている“日本アカデミー賞”です。フラガールという映画が最優秀作品賞でした。
 正直、どんな作品が賞を取ったとかよりも、このお通夜みたない会場、それを一掃しようと大ボケをしてくれた方、助演男優賞を取られた「武士の一分」の笹野高史さんのファンになりました。お辞儀してマイクに頭ぶつけたり、“団塊の世代”を“男根の世代”と間違えたり・・・そしてそのボケに突っ込みができなかった山ちゃん・・司会者は荷が重すぎたかなと思いますが、これは山ちゃんの責任ではありません。見ている方が痛々しさを感じるほど本当に苦しみながらがんばっていた山ちゃんに賞をあげて欲しいな。
[PR]