「昭和天皇の言葉を記したというメモ」要約と僕の気持ち。

 いやー、テレビのニュース見ていても全然意味がわからなかった。局のコメンテーターの発言では何も真実が見えてこない・・・まぁ自分なりに調べて見ましたので、ここで要約してみます。

●このメモは、当時宮内庁長官であった富田氏(故人)が直筆で昭和天皇のお言葉を綴ったとされている。富田氏のメモ帳に書いてあったのではなく、後からメモ帳に挿入されたもの。

●メモの内容を簡単に要約しますと、「私はA級戦犯が合祀され、その上、白取、松岡までもが・・・だから私はそれ以来、靖国神社に参拝しない。」との内容。ようするにA級戦犯合祀、特に松岡と白取(たぶん白鳥)には反対してたってことでしょう。

●そしてこの文章には主語が無い、「私」とされるのが陛下なのか誰なのかわからない。筆跡鑑定もされて無いのであれば、このメモの信憑性から辿らなければならない。

 こんな眉唾もんのメモを大々的に報道しているけどだいじょうぶなのか?永田メール事件の二の舞になりそうな気もしないでもないけど、まぁいいっか。左翼系新聞社やテレビ局が一斉に小泉首相の靖国参拝を叩いているが、全くもって滑稽だね。朝日新聞なんか典型的でおもしろい、女系天皇問題の時には「皇族は政治に口を出すな」と言っておきながら、今回は「小泉首相は昭和天皇の言葉を重く受け止めなければならない」だって。こうゆうのを“ダブルスタンダード”と言います。おもしろいね、昭和天皇の戦争責任を追及しろとか言ってた新聞社ですよ。
 ああ、でも僕が感心したのは中国・韓国政府の対応です。ここぞとばかりに小泉総理靖国参拝を非難するかなぁって思ったけど、一応今のところは日本国内の状況を見てるって感じ。考えれば当たり前なのですが、彼らが目の仇にしている悪の根源はA級戦犯でありますが昭和天皇でもあるのです。
 
 このメモが真実であろうと、小泉首相の靖国参拝には問題ない。小泉首相は参拝の理由をこう言っています、「心ならずも亡くなった方々に対して」「不戦の誓いを立てて」・・・はっきり言いますと僕個人の感情は小泉首相には靖国参拝をして欲しくないよ、まぁ中韓の因縁で参拝を止めるのには反対だけど。僕だって多くの人命を失った無謀な作戦を遂行した戦争遂行者に対しては手を合わせる気持ちは無いけどさ、国のため、東亜の平和のために命をかけて戦った英霊には小泉さんは手を合わさないの?そして英霊の前で「不戦の誓い」ってふざけんじゃない、北朝鮮がミサイルをがんがん打って脅しをかけてるこのご時世に不戦の誓いって、あんたら政治家は、戦わずしてこの国を守ることができるのか?と問いたい。
 
 僕も戦没者遺族なのですが「今の日本の繁栄は英霊の皆様のおかげです」という感謝の気持ちと「再び日本が存亡の危機に瀕したのなら、非力ながら私も命をかけて戦います」との誓いを立てに毎年参拝しています。
[PR]