日本代表の敗因?韓国との比較・・・・?

 ブラジル戦の興奮も冷めやまないのですが、早速テレビやニュースではあれこれ言われていますね。
 日本の敗因の一つとして「ジーコ監督」「柳沢選手のミスシュート」など戯言を聞いているとこっちが恥かしくなる。試合を全部観ていればわかることだけど、前者は敗因でも落ち度でも無い、後者はミスの連発する日本チーム全体に言えることであり個人攻撃をするなんてもってのほか。これらの情けない記事を頼むからブラジルにだけは流さないでほしい・・・
 そして同じくアジア代表である韓国との比較、見ましたがこれも見当違いばかり。具体的にどことは言わないけど、ヒディング監督とジーコ監督を比較して(もちろんヒディング優秀、ジーコ失敗の論理)ぬけぬけと・・・馬鹿か、恥を知れ。韓国に続きオーストラリア監督ヒディング氏の優秀論よりも日本が決定的に欠けていたものがあるだろうが。

 韓国と日本の比較について言うのなら、韓国の全試合を観ている僕がこの際不本意ながら能書き全開で垂れよう・・・、試合を観ていて感じたのは選手のレベル、チーム全体の力量は日本も韓国も五分五分のような感じ、オーストラリア、クロアチアに関しては川口選手の言うようにやはり勝てる相手だったと思う。決定的チャンスに点を入れた韓国、入れれなかった日本、試合後半に意地と気迫を見せた韓国、疲れてダレていた日本、そしてこれらの要因は「国家の威信をかけ大極旗を背負って戦っているのが感じられる韓国」、「君が代もろくに歌わない、試合後のインタビューでの発言や態度で悔しさや怒りが感じられない日本、真の“日本代表”を感じられたのは三都主以下数名の選手だけ。韓国だけじゃない日本以外のすべてのチームが心に持っている“もの”、これが個人主義で育った日本人が世界の舞台に立って戦うことにどれだけ後押しになるかを考えなければならない。
[PR]