ワールドカップ、グループリーグ敗退。

 残念極まりないですが、これが勝負の世界と実感しました。この結果が今の日本の実力だと思います。初戦のオーストラリア戦と次のクロアチア戦、絶対に負けてはいけない試合で負け、そしてブラジルの圧倒的強さ・・・敵ながらこれは凄い、さすがと思いました。振り返ると初戦オーストラリアには完全に根負けしている感じだったし、次のクロアチアはゴールを果敢に攻めるも決定的チャンスが全く生かせなかった。僕みたいな素人でもそれがわかりました。
 ただブラジル戦の内容は前二つのよりもかなり良かったと感じます、結果的に1-4で負けましたが玉田選手の先制点には気迫、日本の執念を感じました。ただ後半ブラジルに圧倒的な試合運びとテクニックで点数を入れられる中、日本の“最後の一太刀”を見せていただきたかった。
 王者ブラジルは去ることながら、数十年ぶりの出場のオーストラリアは純粋に凄いと思う。ぜひともこの2チームが勝ち進んでいただきたい。結果は残念ですが日本チームの姿には感動しました、そしてこの数週間、毎日わくわくさせてもらって心から感謝をしたい。本当にお疲れ様でした。
c0073288_741966.jpg

[PR]