岡田真澄さんが食道がんで死去

~引用開始~

 彫りの深い顔立ちと長身を生かし、映画からテレビ、ミュージカルまで活躍した二枚目俳優の岡田真澄(おかだ・ますみ)さんが29日午前4時5分、食道がんのため東京都内の病院で死去した。70歳。フランス・ニース生まれ。葬儀は近親者のみで営む。お別れの会を6月2日午前10時から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で行う。喪主は妻恵子(けいこ)さん。

 昨年6月、食道がんが見つかり手術、芸能活動を再開したが、体調を崩し療養していた。

 日本人の父親とデンマーク人の母親の間に生まれた。1952(昭和27)年、日劇ミュージックホールで初舞台。54年に日活入社。「初恋カナリヤ娘」で映画デビューし、故石原裕次郎さん主演の「狂った果実」や、「幕末太陽伝」など100本以上の作品に出演した。

 日活退社後は、東宝ミュージカルなど舞台を中心に活動。劇団欅を結成し、シェークスピア劇に傾倒したことも。80年に上演された「ファニー・ガール」で鳳蘭と共演し、好評を博した。

 一方、テレビでは人気番組「マグマ大使」の父親役を演じたほか、NHKドラマ「若い季節」などで活躍。バラエティー番組やショーの司会役でも人気で「ファンファン」の愛称で親しまれた。

 司会者の故E・H・エリック氏は兄。

 60年に舞踊家ヨネヤマ・ママコさんと期限付きの「契約結婚」を発表し、翌年に別れた。その後、女優藤田みどりと結婚、離婚。95年恵子さんと再婚した。
[ 2006年05月29日 21:06 速報記事 ]

~引用終了~

 この時間になると、ビール飲みながらインターネットをするのが毎日の日課でとても楽しいのです。国内の話題、政治、経済、芸能、スポーツなどなどから近隣諸国、海外報道などなど様々なニュースが一挙に閲覧できるサイトがあるのですが、今日のこの話題は驚きました。

 岡田真澄さん、もう何年も前ですが、息子さん(たぶん役者の卵)と一緒にトーク番組に出演されてたのを思い出します。息子と語り合う姿が絵に描いたようなダンディーな父親でした、いい意味での日本の父親像とは違う感じでした。自分は今も昔もあまり父親とは長い会話をしないので、とてもうらやましく思えたことが今でも覚えています。
 僕ら世代は「ファンファン大佐」と呼ぶのがしっくりくると思います。最近では猿の惑星の猿のような格好してましたよね、「サルヂエ」でしたっけ?もう見れなくなると思うとさみしいですね。

 ご冥福をお祈りいたします。
[PR]