いいかげんなことを言うな、毎日新聞の記者。

とりあえず下記の記事を読んでください。

~記事全文~

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも=猪飼順 /東京

 鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が検出されたと話題の某国製だったが、炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。

 子どものころ、野菜を洗っていて「虫がいる」と大騒ぎして怒られたことを思い出した。行商に来る農家から買っていた野菜は、虫食い跡は当たり前。菜っ葉類を洗うと、必ずといっていいほど、元気な虫に遭遇したものだ。慣れてしまえば、「虫がつくほどおいしい」と思えてきた。

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。

毎日新聞 2005年11月19日

~終了~

 記事上部にある“某国製”とはキムチの本場「韓国」の事である。この寄生虫卵入りキムチは韓国ではかなり問題になった(韓国では安価の中国産キムチの輸入増加が深刻なのだが、その中国産キムチに寄生虫の卵が発見された。その矢先、自国のキムチにも寄生虫の卵が発見されたのである。)のだが、果たしてどれだけの日本人がこの問題を知っているのであろうか?日本の食料品売場に置かれているキムチは韓国製がほとんどである。韓国の報道によると韓国キムチ業者502社のうち16社の製品から寄生虫卵が発見された。

 そもそもこの問題の本質は寄生虫が身体に及ぼす効果云々ではなく、キムチ業者の衛生面に対するずさんさである。この記者は事実を知らないのか知りつつ隠蔽してるのかわからないが、発見された卵には犬猫の回虫も含まれており野良犬などの糞が混入したのだと考えられているのだ、韓国でも不衛生さの一点が問題であり日本への輸出キムチにもすでに卵は見つかっている。以前、雪印の時はマスコミ総出であれだけ叩きまくったくせに相手が変われば「感染したらラッキー!」だと・・・。 

 韓国でおいしいキムチを食べた以来キムチ大好きになったのであるがこの事件は本当に残念・・・あ、僕は韓国で寄生虫卵が発見された業者をリストアップしてもらってるし、在日の友人から独自のルートでおいしい本場キムチを手に入れてるもんね。後で風呂から出たら食べよっと。
[PR]