台湾留学生殺人事件 指名手配の男、名古屋市で任意同行中に自殺

 今月5日、東京で留学中の台湾人女性二人が殺害された事件で、昨日、容疑者の台湾人男性が任意同行中に隠し持っていた果物ナイフで自らの首を刺し自殺したとのことです。
 オウムの平田の件といい、日本警察の怠慢に憤りを隠せないのですが、今はただただ被害者の方々のご冥福をお祈りするばかりです。

 台湾では連日トップニュースになっています。私が現在台湾に滞在していることもあり、一連の報道を見続けておりました。お二人がお亡くなりになった後、お二人のお母さんが娘さんに最後まで綺麗な姿でいて欲しいという気持ちから、日本の着物を着させてあげたいと呉服屋で着物を選んでいる映像がニュースで放送されていました。ご家族の方々のご心痛をお察しします。
 そして容疑者の男性が自殺したことにより、事件真相が闇に葬られたことが残念でなりません。このような結果になってしまい大変残念に思います。
[PR]