大河ドラマ「江」は時代考証をちゃんとしてるのか?

 今、台湾で大河ドラマ「江」が放送されています。私はどちらかというと日露戦争を舞台とした「坂の上の雲」の方が興味があるのですが、テレビをつけたらちょうどこの「江」が放送していたんで、日本語が懐かしく見てました。

いや、もうお腹いっぱい、内容がひどすぎる。友人の台湾人の中にはで日本史好きなのが数人いるので、たぶん「江」を見てるんじゃないかな。頼むでこんな安っぽいドラマで洗脳されないように祈るばかりです。
と思い、ネットで調べてみたら、実際に時代考証が無茶苦茶だという批判が多くあったらしい、そしてNHKが公式に「時代考証の一辺倒だとドラマとしてつまらなくなる。あくまでもフィクションでファンタジーだから楽しんで見て欲しい」と反論したそうです。私としては、利休や鶴松が死亡~朝鮮出兵の下りだけでも、もうお腹いっぱい・・・朝鮮は通り道、目的は明征伐だろうが。

台湾人に声を大にして伝えたい、「NHK大河ドラマ「江」はフィクションでファンタジーです!、だから史実とは関係ありません!」
「台灣人們,請大家不要把NHK大河劇「江」戰國三公主的故事當作是事實,它是歷史故事改編的!」
[PR]