福島で「まいう~!」

~記事引用~

 野田佳彦首相は18日、就任後2回目の福島県視察を行った。首相は報道陣が要求する「ぶら下がり取材」を拒みながら、都合よく宣伝しやすい“視察パフォーマンス”を繰り返す。この日も記者団の質問を3問だけ受け、一方的に原発事故対策を宣伝した。

 「まいう~!」

 首相は18日、大玉村の仮設住宅で、福島県産の米のおにぎりをほおばり、首相と似た体形のタレントのギャグを連発。首相官邸で福島県産の米を使うことを約束した。福島市内の住宅の除染作業や郡山市の幼稚園も視察し、園児から「早く外で遊びたい」と花束のプレゼントも受けた。

 首相は視察後、ぶら下がり取材を設定。記者団に東京電力福島第1原発の半径10キロ圏内に住民が帰還できるか尋ねられても「全力を尽くしたい」とかわすばかり。賠償請求支援の訪問チーム新設など自らのアピールに専念した。

~引用終了~
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111018/plc11101821220019-n1.htm


 こういうパフォーマンスって意味無いよね。こっちが知りたいのは味がうまいかどうかじゃなくて、例えば子供が摂取した後々の影響なんだけど。情報が錯綜していてよくわからないんだけど、僕はこのまま中部大の武田先生論を信じていていいのかな~。
[PR]