大学最後の日

昨日はおそらく私が大学に行く最後の日でした。
卒論に関する口頭諮問は一昨日前に終わりまして、昨日はゼミの飲み会(追いコンと呼ぶらしい)がありました。
卒業式に参加できない私にとって、同級生や恩師、後輩らと一緒に飲む機会もこれが最後でした。というか、自分の卒業を確認せずに台湾に行くのですが、を先生に報告したところその辺については何も言われなかったのでまぁ無事に卒業できるんだろうなと解釈しております。
大学4年間を振り返ると、良い経験もたくさんしましたがいろいろな失敗もしました。卒論が思うように書けなかったことが一番の悔いです。日本を離れる前なのにたくさんの課題を残してしまった気持ちでいます。
恩師と最後に握手した時「台湾でもがんばれ、また会おう」と言葉をかけてくれてとてもうれしかったです。この言葉を胸にがんばりたいと思います。

余談ですが、大学に向かって歩いている途中で以前授業が同じだった同級生と遭遇しました。これからの進路について尋ねると、なんとブラジルへポルトガル語留学するとのことです。そういえば以前、カポエイラや南米音楽をやってると言ってたかな。同じ海外組同士、連絡先を交換して別れました。性格がとても真面目な方だったので、きっと有意義な留学生活を過ごされると思います。
[PR]