保安官処分で首相「しっかりした処分」

~引用開始~

保安官処分で首相「しっかりした処分」
2010.12.22 22:36
 菅直人首相は22日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の一色正春海上保安官(43)が停職1年の懲戒処分(後に依願退職)になったことについて、「実際にそういう行為を行った人に対して、しっかりした一つの処分が行われたと受け止めている」と語った。首相官邸で記者団に答えた。
 また、馬淵澄夫国土交通相が給与の一部を自主返納することに関しては、「責任者として自らを律したのではないか」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101222/plc1012222236024-n1.htm
~引用終了~

“映像流出事件”まずこの書き方が間違ってる。映像は流出したんじゃなくて、一般国民に“公開”されたんだよ、一人の勇気ある日本国民によってね、言いかえれば「内部告発」だよ。
退職させられたこの国士に対して「しっかりした処分」とか言ってる馬鹿はどこの国の首相なんだ?じゃ、お前は何やったんだよ、国民に見せるべき犯罪証拠を包み隠し、挙句の果てには中国人犯罪者を無条件で釈放したんじゃないか。この保安官が退職なら、お前はどう考えても国家反逆罪で死刑だろ。
[PR]