仕分けの必要性訴え=中学校で「出前授業」―蓮舫氏

~引用開始~

仕分けの必要性訴え=中学校で「出前授業」―蓮舫氏

時事通信 12月9日(木)11時56分配信

 蓮舫行政刷新担当相は9日午前、東京都杉並区立和田中学校を訪れ、事業仕分けに関する授業に参加した。授業では「仕分け人」役の生徒が、子ども手当や高校無償化など民主党の目玉政策の廃止や縮小を主張。行政側役の蓮舫氏がこれに反論するなど、いつもとは立場を変えながら、仕分けの必要性を訴えた。
 授業は同校の「よのなか科」の一環で、この日は仕分けを通じて政治や行政に関心を持たせるのが狙い。3年生の約100人が出席し、約2時間かけて、宇宙開発や農業問題などについても議論した。
 子ども手当では、生徒が「始めてから財源がないことが分かり、給付額や支給基準の議論が迷走している。やめるべきだ」と主張。この直後の生徒のアンケートは、廃止派が優勢だった。しかし、蓮舫氏が「自分の家庭で手当が何に使われているか聞いてほしい」などと説得すると、情勢が逆転。生徒は最終的に「継続」と判定した。
 蓮舫氏は終了後、「第1回目の事業仕分けの時の役所の説明より、生徒の主張は分かりやすかった。こういう機会があれば積極的に参加したい」と記者団に語った。 

~引用終了~

 実際に手当を受け取る側の子供相手に話し合ってもしょうないだろが。どうせやるならどっかの大学でやってくれよ、どうせボコボコに論破されるんだろうけど。もうさ、財源が無いなら止めればいいだろ・・・。蓮舫は「あなた達の将来のお財布から抜き取ったお金を財源にしています」って説明したのか?ちゃんと「扶養控除、配偶者控除を廃止して財源に充てます」と言ったんか?それで一家庭の負担額を具体例で示めせば、完全に蓮舫のアウトだろ。 あまりこんなこと言いたくないけど、台湾人なら李登輝くらいの手腕を持った政治家が今の日本には必要だと思います。
[PR]
by b0024 | 2010-12-09 23:59