子ども手当所得制限「目安は1億円」財務相

~引用開始~

 「(子ども手当の所得制限について)世間の一部の人が800万円とか言っているが、基本的な(マニフェストの)修正になるので、あってはならない。1億円になった時にどうかという話です」-藤井財務相は17日の閣議後会見で、民主党が要望した子ども手当の所得制限について、1億円という所得の目安を示し、一部の富裕層に限定して実施すべきとの考えを述べた。

 また、子ども手当の財源として、現在の児童手当程度の負担を地方自治体に対して求めるべきとの考えを示した。
http://news24.jp/articles/2009/12/17/06149946.html

~引用終了~

 えっと、まず私は子供手当てや母子加算には反対です。私がもらえないから僻んで反対しているのでは無く、そんなお金をばら撒いたからって親が子供のために使うなんて保障がどこにも無いからです、まぁ小学生でもわかりますよね。子供を育てる上でどうしても必要な経費を負担するか軽減するかすればいいのにと思うのですが・・・それはともかく、藤井財務相、この日本に子どものいる年収一億円の家庭がどれだけあるんですか?一億円で所得の制限して、どれだけ歳出があるんでしょうか。まぁこれが民主党の庶民感覚なんでしょうね。麻生さんの時には、バーで飲んでるだの、カップラーメンの値段が答えられないだの、散々叩きまくったマスコミはだんまりですか?そうですか。
[PR]