台湾映画「海角七号」、日本上映決定。

 ちょうど一年くらい前かな、台湾で大ヒットした映画「海角七号」が日本で上映されることが決まりました。かねてから、上映を望む声は日本でも台湾でもありましたけど、ついに実現!公開は来春だとか。私は以前、友人からもらったDVDで見ましたが、中国語字幕が付いてるだけで日本語音声や字幕がありませんので、すべての内容を把握していません、なので今回劇場で観るのを楽しみにしています。下にあらすじをコピペしておきますが、この映画の魅力の一つは日本人が登場することです。日本統治時代が終わった直後の台湾と現代の台湾、一見無関係に思えるこの二つの時代で生きる男女がある手紙によって繋がっていくみたいな内容なのですが、恋愛一辺倒で進むのでは無くいろいろな要素を含んでおり、単純に観ても笑いあり涙ありで楽しめると思います。主に舞台となっているのは台湾南部にある港町なのですが、とてものどかな雰囲気で台湾の一面を感じさせてくれます。台湾では上映後にこの場所が観光地として一気に人気が上がったらしいのですが、私は都合が合わずまだ行っていません。この映画が日本で成功すれば台湾に訪れる日本人観光客も増えるかなって思っています。台湾映画って日本ではほとんど放映されていませんが、これをきっかけに日本でも上映されるようになればと思います。

~あらすじ~
1940年代、日本統治下の台湾。若い日本人教師が、日本名を友子という台湾人の教え子と恋に落ちた。しかし、間もなく迎えた敗戦によって教師は帰国することになる。港に佇む友子を残して引き揚げ船に乗った彼は、日本に着くまでの7日間、海上で尽きせぬ想いを手紙に綴るのだった…。
60年後の現代。台北でプロ・ミュージシャンになるという夢に敗れ、台湾最南端に位置する恒春に帰省した青年・阿嘉(アガ)は、嫌々郵便配達のバイトをしている。ある日、日本人歌手によるコンサートの前座を務める地元バンドが結成されることになった。無理矢理一員に加えられた阿嘉だったが、メンバーはキャリアも年齢もバラバラでトラブルが絶えない。おまけに、イベントのマネージャーとして雇われた日本人女性・友子とは衝突してばかりだ。
そんなある日、阿嘉は郵便物の中に、今は存在しない住所・海角7号宛ての小包を見つける。中には1枚のモノクロ写真と、日本語で書かれた7通の手紙が入っていた。それは60年前、日本人教師が恋人・友子に綴ったあの手紙だった…。

予告編(台湾版)↓
http://www.youtube.com/watch?v=hs2wKY5wl6E
[PR]